So-net無料ブログ作成

内閣改造 [政治]

 

 日本では安部さんが改憲を強引にすすめて結局内閣改造して突然の辞任になりました。こちらでも改憲を強引に進めてうまくいかなかったようです。 ニュースにでていました。

 安部さんもチャベスさんも評価は分かれます。ともに改憲にかなり力いれています。それなりの支持もあるようです。かりに評価するほうでみたとしても、憲法は国権の都合で変えてはいけません。主権者の国民を国権が制限するものは入れないほうがよさそうです。

 その国のすべての人は法律で守られたり制限されたりしますよね?その法律は国権で作られます。選挙まではメンバーは基本変わりません。
極端な話、とんでもない大統領(首相)がでてきて、多数背景に人権制限・メディア統制とコントロール始める法律どんどんつくったら大変です。次の選挙までどうしようもありません。

 国権がそうならないように抑えるのは憲法だとおもうんです。
でも南米は政状が不安定だそうです。政状安定化のため強権になりやすいそうです。憲法改正、制度改正して強権で自分の政治理念を遂行しようとするのでしょうか。政治路線に関わらず不安定な社会ではみられるそうです。 
 アメリカ式民主主義の本場アメリカは、ねじれ国会当たり前・造反ありですよね。憲法は中央政府の権限の規定だったそうです。後に人権条項が追加されたそうです。

ベネズエラの政治がもっとよくなりますように。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。