So-net無料ブログ作成

規制緩和 [法律・制度]

  世の中規制緩和です。規制緩和で自由な活動ができるようになります。同時に保護もなくなっていきます。弱肉強食で淘汰されていきます。新規参入しやすくなります。 その他いろいろありそうです。でも規制緩和で、業種が独占状態になっていけば、問題がありそうです。それがメディアならなおさら。

 アメリカにFCCがあります。これが全米上位20市場で新聞社と放送局の兼営を条件付きで認めるとした規制緩和策発表したそうです。                                        FCC・・・『アメリカで放送事業を監督している独立行政委員会のことです。日本は政府が直接放送を管轄していますが、ほかの先進国では政府が直接放送局に圧力をかけることを避けるため、独立行政委員会制度になっているところがほとんどです。』

  ブログより

『FCCが認めた緩和策は、
(1)ニールセンの調査「DMA」で上位20位に入る大きなマーケットであること
(2)1つの主な日刊紙と1台のテレビ局もしくはラジオ局の組み合わせであること
(3)組み合わせがテレビ局を含む場合、少なくとも8つの独立して所有される大メディア(主要な新聞社と高出力のテレビ局を含む)が存続すること
(4)テレビ局を含む場合、DMAでトップ4のテレビ局であってはならない。
というものなど。』
以上

 う~ん・・・よくわかりません。でもメディアがある程度統合されそう・・・。

 これに対して議会が反発したそうです。以下ブログより
 『これに対し、議会は反発し、FCCの決定前から活発に活動し、上院では商業委員会が規制緩和策のFCC採決先送りを求める決議案を全会一致(!)で可決し、下院でも規制緩和策に関する公聴会を開くなどしていた。』『「確かに様々な声(多様性)はあるが、同じ腹話術師(情報源)から発せられている」』
以上

 注目なのは全会一致です。アメリカは伝統的に自由を大切にします。支持政党が民主だろうが共和だろうがです。規制緩和がかえって報道の自由を奪っていくと捉えたのでしょうか?

規制緩和=自由でもなさそうですね。ところで日本はどうでしょうか?同じ腹話術師からの声は聞きたくないです。

http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/9aa9d80241d763257819516adf8f79f5

http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/59df2623d2dbe2c0c3569bd9862508df

 

関連日記

叩いてなんぼの商売  気概のある取材  


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 2

ayu15

みなさんナイスありがとうございます。
by ayu15 (2008-01-30 20:15) 

Antoninho

日本は4月からマスメディア集中排除原則が緩和されて
放送持ち株会社の認可やキー局-地方局間の資本関係に
ついての規制緩和が行われますよね。関西圏、中京圏は
ともかく他の地方局はどうなることか…


日本では最初から新聞とTVラジオの兼営でスタート。
キー局支配というのは現状でも弊害が多々あるのに
更に進んでいくことになりますね。
by Antoninho (2008-02-04 21:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0