So-net無料ブログ作成

作文コンクール

法務省の作文コンクールで堂々の内閣総理大臣省をとった作品です。http://www.moj.go.jp/JINKEN/sakubun_19nendo/sakubun01.pdf

病気の祖父のお祝いにホテルに行った時の体験です。祖父は病気で以前のように歩くことができません。車から降りたとき、「車椅子用意しましょうか?」とホテル。自分で歩かせたい祖母、特に考えずにすぐ頼んだ母の3者でした。  

 近年ようやく、社会基盤が進み車椅子を用意してくれる所も出てきました。バリアフリーもようやく、ある程度できてきました。昔はほんと外出は困難だったでしょう。日本の医療、福祉などは聞く所によると、画一的に管理(保護)してしまう傾向があるらしいです。

 この作者は祖父は堂々としていている人で、人前でたどたどしい姿さらすのは辛い?とふれています。そうこれが大事かな~て。だって物でなく者なんですから。
一人一人の人間の尊厳て大事ですよね。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

ユキ

男性ですから、特に尊大で居たかったのでしょうかね。
私の祖母も、気丈な人で
脳梗塞で、もう布団はおもらしでびしょびしょだったのに
倒れるまで誰も気づかなかったのです。
弱みを見せてはいけない、っと気丈に戦っていたのです。

でも・・・
気づいてあげられなかったことが
悲しくて、つらいです・・・。
by ユキ (2008-02-22 09:09) 

ayu15

その人の尊厳を守って、なにか必要な事たすけてあげられるようになれたらな~て。
by ayu15 (2008-02-22 09:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。