So-net無料ブログ作成

ちょぃムカつく [社会問題]

 今までの日記リストです。 http://blog.so-net.ne.jp/life-ayu/2007-08-16-7
普段、温厚でいても、イライラする日てありません?

 ある日の事、自転車で交差点にきました。そこはどうやら何かあるらしく、何人もの警察官の方が交通整理していました。右折したいんですが、自転車なので、前進して、方向をかえてまた前進することになります。前進の合図があり前進しました。そこで方向を変えて、警察官の合図あるのを待っていました。

 図がかけるとわかりやすいんですが、やり方しらないので。

問題はその後です。自動車の前進が始まりましたが、自転車は歩道に上がるようにと言われて上がりました。そのため進めませんでした。なかなか警察の人に前進したいというと「できない」と答えがきました。前進しないといけないので、「どうすればいいですか?」と質問しても、「できない」の一点張りでした。質問の答えになってないですけど・・・。「ほかの人にきいても「できない」の一言でした。「元にもどれませんか?」聞いても、それも「できない」と言われました。

 うちは進む事も戻る事もできない完全に立ち往生になりました。どうやら20~30分身動きできないそうです。あらかじめ手前で表示などいっさいみかけませんでした。いきなり「この先ダメ戻るのダメ」とされてしまいました。

 警察の方は大きな責任背負ってお仕事されているんで、文句いうのはとおもうんですけど、なんかムカッとしていて、文句いわないように自分抑えるのは大変でした。

 「進むな戻るな」はあんまりです。規制自体は仕方ないです。でも手前に、人を配置するとか、できないなら誰もがわかるようにせめて表示してもらえませんか。同じ規制でも、人の心がけで問題は緩和されますよ。

 

 

これかいたら、ある人が「怒れば」ということです。うちの感情的にはそうなんですけど、そこが悩むとこです。
警備されている事自体はちゃんとしているので、うちが問題にしているのは全体のなかの一部なんです。批判はその一部の行為の不手際にたいしてです。叩きはよくないです。かつおの叩きは歓迎ですぅ~。(さむっ)

 袋叩き傾向の世の中では、ありえないけどうちが○○弁護士・○○タレントみたいに大きな影響力あると、○○事件のように「批判はその一部の行為の不手際の批判」が、何時の間にか『横柄な警察対ふりまわされる市民」の対立構図の番組報道になりかねないかなあ~て。考えすぎかしらぁ~? 叩いてなんぼの商売   参照)


 世の中のクレームや訴訟にはこういうケースもありそうな気が・・・?うち以外の人は全面的に警備ご苦労様と思う人は少なくないかも?そういう人達の社会では逆に、自己中のレッテル貼られます。 例えば医療過誤などにこういうのがありそう。仮に苦情訴えたら、このこと知ったその時の周囲の人達のはうちはただのクレーム女にしかみえないでしょう。(一人一人を見ませんか?  参照)
クレーマー・自己中・お金目あてとおもわれたくないし・・・。
このうちのためらいも、何度かだしたうちのいう「萎縮効果」の例です。目に見えない漠然とした圧力なんです。 束縛魔のダーみたいな・・ 参照)

 本当に自己中でいちゃもんつける人もなかにはいるでしょうけど、こういうふうにちょっとした対応の不手際からこじれてしまうこともおいのでは?という問題提起です。
自己責任もとめられすぎると、与えられた任務だけこなそうとする人がふえてもしょうがないかも?
警備の規格(想定)外のことがでたら、強引に自分の都合で、規格の中におしこめてしまいます。
全体を重視して、画一的でしかできないために、個々のケースにちゃんとした対応がとれないのではと思いました。

 みんな自分の役目はたし、立場を維持するのに追われて、他者の尊重・他者への配慮の「ゆとり」が少なくなっているのではと思いました。

 

関連日記   束縛魔のダーみたいな・・  叩かれたくない・・アンチKY社会?  
  一人一人を見ませんか?   叩かれたくない・・ハリネズミ社会     叩いてなんぼの商売   
 嫌な顧客と嫌な人間    ゆとり教育      医療制度  2  
今までの日記リストです。 http://blog.so-net.ne.jp/life-ayu/2007-08-16-7


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

東西

 20分も30分も変わらない信号なんてないよー。むちゃくちゃ。なんで、信号つけないのかな?
by 東西 (2008-02-24 07:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。