So-net無料ブログ作成

人工心臓 [社会問題]

 記事では、ある国である人が人工心臓使ってたら感情なくなったとか。脳になんらかの影響あたえて脳活動がかわったと推測されてるようです。
 ある医療者がいうには、人工心臓は日本はおおきくおくれているそうです。高い技術がありながら現場で実用されにくい問題があるそうです。 技術力でなく社会制度の考え方やありようの問題だそうです。
うちは知識もたないし、このかた以外の意見は知らないので、なんともいえませんけど・・・。

 
 日本社会は「排除の論理」そして「非寛容性」が、少し欧州よりあるようにおもえるんです。たとえば病気・障がい・マイノリティとか。
欧州ではなにか病気かなにかかかえていても、できるだけ普通に人生がおくれるようにする傾向が日本よりあるそうです。

 心臓悪いのは現在の医学ではまだ治せないものも多いそうです。治せないなら、「おとなしくしててね」「経済的お荷物だわ」「あっちにいって」「あなたはこないでね」なんていうのは日本よりすくないそうです。

 「治せないなら代わりになる人工心臓使いましょうよ!」となるそうです。技術革新でだいぶ小型化されたそうです。
制約はありますが、一人で自由に外出できます。社会に参加したりすることができます。 



 世に中にはさまざまな人がいます。生まれつきのものもあります。うまれてから病気や事故などでなにか不自由になる人もいます。
あるいは社会的要因で不自由な人もいます。

 排除してしまいで精神的・金銭的・社会的においつめてしまうのでなく、「かわいそう」で囲い込んで「保護」しまうのでもなく、
同じ街に暮らす仲間として、社会の一員として認め合う方向に進んで欲しいなあとおもえるんです。


 治療や補助技術にはまだ不充分なものもあるようですが、少なくとも心のバリアはなくしたいです。
日本人であることを否定されたり
「声が変だ」と言われてのけものにされたり
「あなたは男 もしくは 女じゃない」とされて、のけものにされたり、否定されたり
「顔が変だ!」と言われてのけものにされたり
同性を愛したからと否定されたり 、敬遠されたり
車椅子のってるからとのけものにされたり
国籍違うからとのけものにされたり
手がへんだ!とのけものにされたり
「胸がない」とおんなであること否定されたり
     そういうのがなくなっていきますように。


誰もが排除・否定される事なく社会参加や社会貢献ができますように。


http://www.gizmodo.jp/2007/08/post_2122.html


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0