So-net無料ブログ作成

明治政府のお話 [学問]

今では1日あれば多くの国にいけます。大臣が外国いっても数日で帰ってきます。地球はある面せまくなりました。
明治だとどうだったんでしょう? 明治初期に正院という機関があったそうです。各省を統括する最高機関だったそうです。
この正院は「留守政府」の機関は機能不全だったというのが通説だそうです。


 三田(神戸でないほう)にある大学のかたの研究によると、
公文録からルールに基づいて運営されていたと考えられるそうです。
 正院は各省からのお伺いを検討して指令を下すそうです。提案した省の権限こえたお伺いは他院省に意見求めるそうです。
明治5年の文部省の「中学在勤官旅費」のお伺いなどは大蔵省の反対退けて決定下す力があったそうです。



明治時代は従来の日本といろいろ違いがあったようです。当時は何を考えてどうしようとしたのか興味のあるところですねえ。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。