So-net無料ブログ作成

叩かれたくない3 責任社会 [社会問題]

    よければ読んでくださいね♪
2007年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-27
2008年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-28



この前は医療を題材に「叩かれたくない」という思いを取り上げました。
こんどは別の題材です。

題材は「ホカベン」です。
事件の概要
某私立学校の臨海学校でのことです。
先生と生徒が浜辺で待機しています。生徒の一人がいない事に気が付き探したら、水死体で発見されました。

直ちにまず学校側は弁護士を呼んで対応を相談しました。
遺族側は、面会できず、説明ありませんでした。
こういうあらましです。この事故のドラマはイジメにおわすところまでですが、ここではイジメは抜きで見ようと思います。


さあ、これをどうみるでしょう??
傍観している第三者(視聴者)は今のところただの事故にみえるでしょう。



 1 それぞれの登場人物の対応です。もちろん視聴者と違いその時の情報が不足しています。
学校側
とにかく、「訴えられたくない」という不安感がでていました。裁判沙汰を恐れています。この前の医療裁判怖がる医療者にも似たところもあるかも。事故だったと認識しています。
遺族との接触は避けて(逃げて)まず弁護士と相談しています。裁判避けたいというのが依頼のようです。


遺族側
事故後、学校側から逃げられて、他生徒との接触もできず、いらいらが募っているようです。何が起きたか情報がないようです。


学校側弁護士
依頼人の要望に従い、訴訟回避(事件の表面化)避けます。
教員の証言からも事件とみて、アドバイスします。責任すこしでも認める発言しないように助言します。
「申し訳ありません」は禁句です。「調査中です」「残念に思います」などの言葉を使うように勧めます。



 2 感想
学校側
最近の叩き世論みると、(某残忍事件、某人気歌手誤解発言事件など)訴訟おそれるのは無理ないかもしれません。
叩きにたいする不安はこちらでふれています。(叩かれたくない・・ハリネズミ社会http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-01-29 どうぞ)

遺族側
この状況ではいらいらが募るのが当然でしょう。先生やクラスメートから話ききたいと思うのは当然の思いだと思います。
何があったのか本当の真実をしりたいんです。真実知りたい遺族についてはこちらでふれています。(説明責任http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2007-09-08-1どうぞ)

学校弁護側
依頼人守るのが弁護士でしょう。弁護士が守ってあげないと誰が守るんでしょう?
訴訟回避が要望です。その手段として、不用意に少しでも責任認めるような発言するな!事件についてコメントするなとう方針を示すのは常識なのかもしれません。
うかつにものを言って相手が「責任は学校に!」なんていう気持ち持つと大変だからです。


 3 うちならどうする?
学校側
誠実対応したいです。すぐ面会して、その時の話したいです。生徒にも当人がいいなら話させたいです。スクールカウンセラーとかで、他の生徒のケアに当たりたいです。
とりあえず、学校教育中だし、ごめんなさいはいいたいです。
でもこれは理想論なんでしょうか??
遺族によっては,報道の取り上げ方で叩きの対象になる恐れもあります。それはとても怖いです。いざ本当に起きたら、逃げちゃうかも・・・。
(叩かれたくない・・アンチKY社会?http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-02-14-1 
叩かれたくない・・ハリネズミ社会http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-01-29 どうぞ)



遺族側
ただの事故かもしれません。でもこれは冷たい不誠実な対応でしょう。多分怒ります。
弁護士たてて直接はなせない以上、裁判もありですねえ。こちらも弁護士たてて損害賠償請求になるでしょう。お金目当てでなくても、民事の性質上損害賠償になっちゃうんです。費用もかかるしものすごいエネルギーがいるそうです。
また医療裁判とかにみられるように「我慢足りない、わがまま、お金目当て」とか叩かれる恐れも少なくありません。
(説明責任http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2007-09-08-1どうぞ)
でも学校側が誠実なら、ただも事故なら当然裁判なんてしません。過失がいくらかあっても、誠実対応なら示談ですねえ。


弁護側
依頼人のこと思えば、同じようなことするかも?それに手堅く調査中とか言っておかないと、誠実対応なんてして、裁判にされると、弁護士としての力量疑われそうです。それについてはこちらに書いてます(弁護士も楽じゃないかも?http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2007-09-02どうぞ)
主人公の新人弁護士は悩んでます。うちも悩むでしょう。人としてこれでいいのかと。でも遺族を守るのは遺族の弁護士なんですよねえ・・・。



誰かを悪者にして、せっせと人格攻撃でたたく怖い人達がいます。
だれか特定の人が全部悪いとかいう問題でしょうか?「学校が悪い」、「遺族がわがままだ」「弁護士が被害者心情無視してる」なんていうことですませていいんでしょうか?!

もしあなたなら、このドラマの中でそれぞれの立場におかれたらどう思ういますか?



参考にぜひどうぞ
売れる報道 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-05-08-1
医療シンポジュウム 2008 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-05-10-1
医療シンポジュウム2007 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-04-30-1
KY http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-04-26世論とちがう報道
BPO http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-04-17-1演出される報道
ちょぃムカつく http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-02-22-1
叩かれたくない・・アンチKY社会?http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-02-14-1 
叩かれたくない・・ハリネズミ社会http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-01-29
叩いてなんぼの商売 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-01-12 
説明責任http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2007-09-08-1
弁護士も楽じゃないかも?http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2007-09-02



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。