So-net無料ブログ作成

クリスマスを奪った男 [人権]

 90年代にアメリカでギングリッジ議長がクリスマスを奪った男と言われていたそうです。
イメージ戦略に敗れたんでしょうかねえ?


 あれから約10年、アメリカはまた大寒波におそわれたそうです。サブプライムローン問題で準備する間もなく予告なく着ている物だけで放り出された人はどうなったんでしょう?
 不況になったアメリカです。サブプライムローンでバブルみたいに調子に乗って貸す人が少なくなかったのもあるでしょうけど、どうも政策の失敗ぽぃようですねえ。(http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-12-15-1どうぞ)
 あれよあれよと広がり、クリスマスが不安な人が続出してるようです。 多分悪意でなく、ブッシュ政権がよかれと思ったことが裏目に出たと思うんですけど・・。


 サブプライムローン問題や原油高などに発した金融危機の真っ只中ぽぃようです。100年に一度の危機と日本の与党の政治家の方が言ってます。
 約100年前、富裕層中心で黄金時代があったそうです。その後突然に、アメリカ発世界大恐慌がおきています。世界中その再現を阻止しようとしてるらしいです。麻生さんも苦戦しているようです。

 さらにおいうちをかけるのがでてきました。



 あろうことか、人権を守る・苦しんでる人を救うべきはずの宗教からです。それもトップからです。


以下直接読んだ・聞いたわけでなく、あくまで報道の範囲でです。
http://www.afpbb.com/article/life-culture/religion/2552441/3633653
12月24日 AFPの報道です。

 ローマ法王ベネディクト16世(Benedict XVI)が22日、バチカンで聖職者向けに行った年末の演説の中で、「同性愛は気候変動と同様に人類の生存に対する脅威だ」と語ったそうです。
「男性と女性との区別をあいまいにし、人間の「自己破壊」につながるものだ」として非難したそうです。

 世の中、道徳右翼・宗教右翼・原理主義が増えているらしいです。とうとう法王までそうなったんでしょうか?
多様性・個人の尊厳・個人の誇りを否定して、組織維持を大事にしたいんでしょうか?
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-12-09#moreなんかナチスを連想します。


個人的に好きじゃない人達はいるでしょう。でも存在否定してはいけないはずです。多数派から迫害される人も守ってやるはずの宗教がこれでいいんでしょうか?!
凡人ならともかく、聖職者なら自分の好きじゃない人も救いをあたえてほしいものです。否定しないでほしいです。

誰もが祝い、愛をうたうクリスマスを前に、特定の立場の弱い人を否定排除して、迫害をうながし、対立関係つくりだそうとするなんて・・・。
 男と女は違うでしょう。でも例えば女だっていろんな女がいるはずです。金太郎飴かクローン人間みたいに画一的にしかみれないなんてひどぃです。多様性の否定はそこに入れてもらえない人を排除して、不道徳のレッテルはって公然と迫害しかねません。ナチスみたいです。

 失言だらけの総理や、近年失言で何人かの大臣が失言で辞任問題になったようです。でもそれらはごめんですむことも多いかも。(なかには本当にまずいのもあるかも??)
 失言は誰しもあるしねえ。でもこれは失言ではすまないでしょうね。教養あり、寛容で人を暖かく包み込むはずの法王がこんな偏狭で非寛容な考えでいいはずがないです。

 ある病気の人もいってたんですけど、自分ではどうしようもないことにたいして、こういうこと言うのが差別偏見だそうです。

マルティン・ニーメラー牧師の言葉です。
ナチスが共産主義者を弾圧した時、私は不安に駆られた
が、自分は共産主義者でなかったので何の行動も起こさなかった。
その次、ナチスは社会主義者を弾圧した。私はさらに不安を感じたが自分は社会主義者ではないので何の抗議もしなかった。
それからナチスは学生・新聞人・ユダヤ人と、順次弾圧の輪を広げていき、そのたびに私の不安は増大した。が、それでも私は行動に出なかった。
ある日ついにナチスは教会を弾圧してきた。そして私は牧師だった。
だから行動に立ち上がった。
が、その時はすべてがあまりにも遅かった。
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2007-11-28どうぞ)

参考までにこの後、保守派・軍人からも反対の声がでましたが、時すでにおそしです。


 世界人権宣言60年の祝いの年・クリスマスを前にして、とんでもないことがでてきたものです。
誤報であることを願います。そうでないなら、自分の偏狭な考えをわびて、みんなが迫害されることなく、神のもとに平等で安心して暮らせるように人権を擁護する立場になってほしいです。
宗教は人を救うためのものです。迫害する武器にしないでください。




 このブログ(日記)の主旨はうちのいう意味での「生きる」です。この発言は報道の範囲でみたら明らかにうちのいう意味の「生きる」にたいする否定です。

「生きる」を否定しないでください。

これではクリスマスは祝えません!

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

shira

 これ「女は産む機会」とほとんど同じレベルじゃねえかって話ですな。まあ宗教者も利権やら何やら絡みますから、いろいろあるんでしょうけど。
 アメリカ大統領選では決まって中絶の是非が論議されるのも、支持層の価値観の問題ですわね。日本じゃ考えられません。
 同性愛に関して私が一番好きな話は、自然界ではヘテロの出現率は85%というものです。あとの15%はホモ(これは性癖に限ったことじゃないです、ホモとヘテロは高校生物の学習分野ですが、わからない人はググってください)。だとすればホモセクシャルとヘテロセクシャルもこのくらいの比率で出現しているのが自然だと。
 ついでにいうと、人間以外の動物、例えば昆虫や魚類でもホモセクシャル行為は行われているということ、知らない人が多いんじゃないですかねえ。
by shira (2008-12-25 21:06) 

ayu15

産む機械は例えでただの失言だからゆるせるんです。(政策批判は別)
でもこれは明らかな差別偏見としか思えないです。失言よりずっと悪いように思えます。
この前の日記にでた虐待写真(なにもしてない人を襲った)を思い出します。
ひどいので、久しぶりに明確に批判したくなりました。

比率は知りませんがご指摘の通り自然界には一定の割合で存在します。
生き物は画一的でなく、いろいろ個性があるようになっているようです。




by ayu15 (2008-12-25 21:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。