So-net無料ブログ作成

クレーマー [社会問題]

 2007年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-27
 2008年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-28

 初めての方は、コメントくださる前にまず、はじめましてをごらんくださいね。
 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35382141-1


 世の中、医療をはじめ訴えられないかと不安に感じることが多いです。医療は何度もとりあげているのでそちらをどうぞ。クリーニングとか他のもあります。

 
 近年やたら、秩序云々・道徳云々・がまんしろ!自己責任だ!というちょぃ極端な声がうようよしてます。訴える(主張する)人達て我慢たりない?がまんしなくちゃいけない?本当に自己中? 疑問です。
 確かに、そういう場合もあるでしょう。でもうちにはそうとは言えないことも多いと思えます。


 今回はお薬です。
近年医薬分業推進で、お薬は病院でなく、病院で処方箋だしてもらいそれを持って薬局で買います。処方箋がなければそのお薬は買えません。 それなりに考えられてそれだけの理由があってできた制度でしょう。制度導入した人の趣旨は知りません。(導入した人から直接きいたことありません) 


 ある信頼する医師によると、基本的に処方薬は医師の指示どうり必ず飲んでほしいとのことです。市販薬より影響が大きいそうです。守らないと、ちゃんと効果がでないばかりか、かえって有害になる可能性すらあるそうです。 お薬は極端な言い方すると両刃の刃的な面があるそうです。個々の人を診てリスクと効果を天秤にかけて、総合的に判断するそうです。


 ここからが問題です。
例1
処方されたお薬が、何らかの原因で例え1個でも破損した場合です。例え1個でも足りなくなると、問題です。指示どうり服用できなくなるからです。薬局の説明ではそういう場合でも1個だけ買う事は法律で禁止されているそうです。1個のためにまた診察うけて1からです。時間や費用がかかります。すぐに時間とれない人はどうなるの??手間も費用も余分にかかります。
 破損した分だけ買えれば、患者にとっては問題ないんです。でも法律でそれができません。最悪の場合、患者に有害になってしまいます。
 極端な言い方すると、法律が患者を危険にさらす武器になっているんです。
もしうちなら、1度は我慢しても2~3度起きると、クレーマーになります。法律できめられてる以上柔軟対応できない以上不良品だと訴える事になります。それでしか自分を守れません。 
製薬会社や薬局が悪いわけじゃないけど、そうなってしまうんです。


例2
あるケガ人で病人
ケガをしていて、歩くのが大変な人がいます。従来だと病院でもらえたので1箇所ですんだのが、分業で2箇所行く事になります。けが人にとってこれはおおきな負担です。またお薬の種類によっておいてない場合不足している場合もあります。その場合またいかなくてはいけません。



 どんないい制度でもどっか好ましくないケースがあるものだと思います。多数派(多数例)とは異なる時に、画一的に秩序云々やられると最悪の場合人権があやうくなりかねません。自分が多数の例にいるときは気がつきにくくそういう人を「わがままだ」なんていう事になったりすることもあるでしょう。

 
 制度はいろいろ考えるでしょうけど、主に想定するケースは多い例です。それはいいんです。でも例外の時にその人の事考えて対応できてるんでしょうか?正しいことがいつでもどこでも誰にでもどんな場合でも正しいとは限りません。
個々を尊重する、一人一人を大切にする社会にしていきたいです。



小児科救急 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-11-27 
ホカベン2 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-06-07
 
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

L

スウェーデンの話を思い出しますね。
医療を無料化して誰にも優しい医療制度にしたつもりが、無料だというので軽症の人までどんどん病院に行くようになり、待ち時間が長くなって、重症の人もなかなかみてもらえなくなり、手遅れで亡くなる人が出てきた、と。
一律に福祉をすればいいというものではないのがよくわかります。
by L (2009-02-15 02:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0