So-net無料ブログ作成

五体不満足 [社会問題]


  以前「五体不満足」という本がだされて評判になったそうです。聞く所によると、英語タイトルはノーバディーズ・パーフェクト(誰も完全じゃない)だそうです。インドの哲学者、サデッシュ・クマールさんは、「私も障害者です。」と言ったことが」あります。(彼は車椅子は不要。白い杖・補聴器も不要です)

  
 病気や怪我で、体が不自由な時どう感じますか?一時的ならまだマシでも、それがこれからもとなるととても辛いものでしょう。生まれつきの場合のものも、病気・事故とかで後からのものもどちらも辛いでしょう。
 
 また機能?だけの問題でもありません。何らかの原因で乳房を失った女性はほんと辛い思いしたでしょう。もう赤ちゃん産まない人でも、女でないような気がしたりほんと辛いもののようです。  「胸ないから、あんたは女じゃない」なんて、人に言われようものなら、地獄でしょう。



 



 


   詠売新聞  02月04日 のに、「性同一性障害の女性、逸失利益“男性基準”で支払い命令 」というのがありました。


 記事によると、原告は乗用車にはねられて頭を強く打ち、高次脳機能障害の診断を受けたそうです。


 男女の賃金差の問題はまたの機会にして、事故にあわれた方のことです。
ほんと不幸な事故にあい障害が残りお気の毒です。
 これから一人の男性として、恋をして好きな人と結ばれて共に暮らしていくはずなのに。働いたり・社会参加・社会貢献していくはずなのに・・・。
一人の男性として、共に泣いたり笑ったりいろいろあって社会の一員として生きていくはずなのに・・。
人として当たり前にある人生が狂ってしまったんですね。


 異論となえる人はいるでしょうけど、「女性」と表現するのは人道上まずぃでしょう。 誰もが完全な状態で生まれてこれるわけではないんです。彼のような男性だっているんです。
 

 これは多分おかねの問題ではないんです。一人の男性としての存在がかかったものなのかもしれません。
 誰にも存在否定をする権利はないはずですよね。


 不幸にして障害をおったけど、幸い彼は生きているんです。
就労は難しいかもしれないけど、きっと彼にもなにかできる時、できることがあるはずです。 共に生きる仲間です。

 
 
 
 彼がこれからも「生きれる」ように暖かく受け入れていけるような社会に!

 



御互い生きれますように!
彼が少しでも社会的に生きれるように迎え入れてあげたいです。
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 4

shira

 結局こういうことへの反応は想像力というか共感力の問題になっちゃうんですよね。特に性の問題は拒絶反応も多いから厄介です。
by shira (2009-02-07 00:04) 

ayu15

自分が否定されたくない事を人に対して否定しないようにかも?
ともに補い合えたらなあと思えます。
by ayu15 (2009-02-08 20:33) 

ayu15

http://youpouch.com/2011/01/14/161615/
染色体異常で地獄をみたようです。女性だということを否定され・・・。

以下記事より

本来生まれ持つはずだった「女性」へとシフトしようとしている。心の平穏を手に入れた彼女は言う。「私は普通の女の子。いつかは結婚したいわ」

彼女のような女性も否定されることなく生きれますように。


by ayu15 (2011-06-03 14:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0