So-net無料ブログ作成

パッセンジャーズ [映画]

うちの日記みたらあまり誉めてないけど、でもアメリカ(USA)が好きです。
アメリカの文化の一つに映画があります。
インドも映画大国ですよね。


 今度、パッセンジャーという映画が公開されます。
飛行機事故がおきます。ある人が事故の真相を調べようとするんですけど、次々と証言してくれた人が行方不明になっていくんです。
なんか陰謀の臭いも・・・。

 え~~!てな感じで、衝撃の結末がまっているようです。
思わず言いたくなるけど、言わないように。


わぁ~おわっちゃいました。
 アメリカ映画にはヒーロー物・(ヒロイン物?)がちょくちょくあるらしいです。スーパーマンとかは大衆的?(人気がある)ヒーローだけど、ランボーとかは孤高のヒーローぽぃ印象です。
 
 巨大な力(組織・社会とか)に一人自由求めて立ち向かうというパターンです。

この前「自己責任」がありましたけど、そのさい「自己責任」のここでのイメージがあわなかったようです。(説明不足ですみません)

 アメリカが好きで勉強したんですけど、「フロンティアスピリッツ」が根底にあるように感じました。教授もその言葉いってました。

 既成社会からぬけだして、自分の意思で新しい土地で、理想もって自分の力で自ら汗流してある意味「自分らしく生きれる」ようにすすんでいったのかもしれません。

 セルフメイドマンという言葉があるそうです。多分、日本のイメージでの「自己責任」とはまたちがうような・・・。
アメリカ人と接して感じるのは「自己主張」が強いんですねえ。 

 
  日本は「村」ぽぃ側面があり、まわりを伺いあわせてしまう傾向があり、相互扶助的な面もありそうです。
(あくまで平均的イメージでの比較でです。)
先日受賞した、おくりびとは繊細に描かれているそうです。孤高のヒーローのアメリカとは違ったよさがありますね。


 丸刈り強制なんていう発想はアメリカではなくて、日本的なのかも?警官とか一部の職業だけで制服はあまりないしねえ~。まあ明治以前はあいまいさが伝統におおかったらしいですけど。

 
 いろんな国・いろんな文化・いろんな人がいるのは楽しいです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。