So-net無料ブログ作成

ハブ [経済]

 前回はハブ空港になれず、高い使用料(飛行機の着陸料)が災いして大変な状況では??というものでした。ビジネス・コストパフォーマンスでみてしまい、国家戦略として機能せず韓国・中国に敗北したのでは??ということでした。

  善本(よしもと)さんがBIZという製造業の雑誌に書いていました。
今は大量生産・規格品時代のようです。賃金をすこしでも安くおさえようという作用がはたらくそうです。
善本さんは労働コストの安いところにいくと述べていました。が、シンガポールは労働コスト高いが固有のポテンシャルがあると述べています。これが圧倒的にたかく魅力になっているそうです。

 日本はものつくりのハブという発想もありではということです。

 右から左におかねころがしもいいけど、もの作り日本・品質に誇り持つ日本のほうが魅力的だとおもえませんか?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。