So-net無料ブログ作成

鏡に映った [世界]

右も左もわかんないあゆです。
お箸もつ手ですよ。・・・あの左でもつ人いますけど・・・。
右はこっちですよ(体面で右手を動かして)・・・ん?うちからみたら左ですけど・・・。
左走る人からみたら自転車で左を逆走する人も、その人達からは右を走っています。

shiraさんとこで
 「一応nationalistは国家主義者、patriotは愛国(主義)者となりますか。一般的には前者は国家に絶対性を求める傾向があり問題が多く、後者は愛郷心や愛校心的なものから出発していてそう悪くないものという感じです。」といのがありました。なるほどねえ~。
そういえばNYタイムスやロイターではABE総理はnationalistと書かれていました。
以下記事より
「国内メディアの報道は信用するな。自分の頭で考えてくれ。当局はラビアの陰謀だと世論を誘導する気だ。この世に純粋な悪魔などいない」
以上
このラビアさんは記事によると実業家として成功して、人権擁護を訴える活動をしているそうです。




この記事では、中国のやり方は、仮想敵を作り、世論を誘導する ものだそうです。

「仮想敵」を仕立て上げ、国民の注意をそちらに誘導する。ナショナリズムを煽り、権力基盤を強化するという政治なんですね。
なにかの政策のために世論誘導・組織のための誘導とか「権力」は与党だけではありません。


 このやり方ですぐ思い出すのはブッシュ政権です。アルカイダは一つじゃないし、政権ともつながらない、大量破壊兵器でないとか戦争を避けられない理由はなさそうです。
『さけられない理由を探していますがそういう研究?はまだ見当たりません。』
(経済からみるイラク戦争 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-06-08-2どうぞ)


 視点かえたらどうでしょう?
『あくまで見方の一部です。』
少数派に対する不満もっていたら?いろいろトラブル起きていたそうです。個々の人は具体的になんらかの経験をして不安感じるかも?
NYの人は実際にテロを経験した人も少なくないはずです。
ある意味それは現実にある事実かもしれません。

 個人の問題とか自己責任で終わり耳を傾けられないのも好ましくないですが、脅威連呼?もねえ・・・。






「一緒にしないでほしい」

御互い嫌っていて一緒にするなです。
ある人曰く
以下記事より
周りで漢族と恋愛している同胞がいれば、裏切り者と見なす
漢族全体への恨みが個人の生活にまで干渉?しています。
まるで右翼?(全体主義)と同じぽぃ。○○との戦いでナショナリズム・民族主義の方はにこういうの言う人目立ちそうな・・・?

 この考え方は充分気をつけて歯止めないと、危険だとおもうんです。今まで散々こういうの書いてきました。
仮に漢族自体が悪いとしても全員じゃないし、恋愛した人までなんて・・・。
光事件で弁護士を叩いて脅迫した連中(建設的批判のことではありませんよ)と思考が似てますね。

 なんかこれでは憎しみの連鎖ですよね。特定?の人への怒りがその人が所属していると自分がみなした団体??勢力??民族?とか全体への不信になり、その全体への不満が別の所属しているとみなした別の個人にむかうんです。 これは怖いです。




 人には感情が必要です。だから人間です。不安や怒りも大切な感情です。無視なんてできないしするのもよくないと思うんです。
でも・・・。
テロやウイグル族への怒り・米軍や漢族への怒り、それぞれもっともなのかもしれません。でもそれだけでいいんでしょうか?

(怒りの感情http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2007-10-06どうぞ)


、民族間におけるあらゆる格差を排除しなければならない。中国全土に生きる全国民が近年目覚ましい経済発展の恩恵を受けられるように。
と記事では述べられていました。




 うちから
右か左かなんてどうでもいいです。
社会秩序・道徳・マナー云々とか使う言葉違えども、非寛容で社会・国の都合とかで個々の人を否定していかないでほしいです。


生きることをうばわないでください!


人の振り見て我が振り直せ2 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-05-03
人の振り見て我がふり直せ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-04-05
規制緩和  http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-01-30-1  メディアの問題
怒りの感情http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2007-10-06
(経済からみるイラク戦争 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-06-08-2どうぞ)

nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 3

ayu15

忘れてましたけど、記事は日経ビジネスです。
by ayu15 (2009-07-17 22:01) 

shira

 一個一個の人間の尊厳を軽く扱うやり方はまず信じないのが無難です。イデオロギーにしても政策にしても宗教にしても紛争にしても、表向きは人間社会の正義のためにあるわけです。でも個々の人間が軽く扱われて何が社会正義でしょうか。もし最大多数が幸せであることが正義であるとすれば、100人の村の99人が1人をボコボコにいじめることでスカッとしてもそれは正義になるわけです。でもどう考えてもそれは正義じゃないでしょう。
 ちょっとお利口さんな人は小難しいリクツに走って地に足の着いた判断をしそこないやすいです。これは批判じゃなくて、努力して理論がわかるようになったが故に陥りやすい穴です。
by shira (2009-07-18 00:10) 

ayu15

shiraさんありがとうございます。なるほどそうですね。
最近書いた48期黒字の偉業達成して企業の会長曰く、「あらゆる組織は人を幸せにするためにある」
99人が正義?(使う言葉はいろいろ)の名で一人をぼこぼこにする社会は左右関係なくごめんです。

他者(特に弱っている状況の人)をいたわる心を養っていきたいです。
by ayu15 (2009-07-18 10:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0