So-net無料ブログ作成

誇り [政治]

 なにやら近年、国や民族単位での誇りがネットでは目に付くようになりましたけど・・・。
個人の誇りが脆弱な気が・・・。


誇りといえば政党にもあるそうです。 最近どこかの記事に解散のが出ていました。吉田内閣のバカヤロー解散、小泉内閣の郵政解散とかです。麻生内閣のばら撒き解散なんて後世にいわれるんでしょうか?というような記事でした。

 30日の朝日新聞の記事に「ばらまき対決」というのがありました。定額給付金は公明党が主張して自民党を押し切った?ようなこと書かれていました。

 ふ~ん・・・。

迷走してるように見える自民党ですが、13面の記事に面白いのがありました。
21日の両院懇談会で古賀誠さんが
「国を守るには平和でなければならない。あの愚かな戦争で250万もの命を失い、広島・長崎の犠牲を生んだ。戦後の平和を守ってきたのは自民党だ。勇気と自信をもってがんばろう!」
以上記事より


 戦後憲法守り平和維持したのが自民党の誇りだったのかもしれません。


 不安なのは民主党の方だそうです。「現実的対応」に方向修正らしいです。
 靖国その他で書いたんですが、防衛戦争・侵略戦争ともにそういう側面あるようです。でもそれよりも目の前の現実に対しての「現実的対応」が戦争の道に突っ込むことになったという声がこの記事でも書かれています。

 社会党(今の社民党の前身)が崩壊したのも、党の誇り・同一性をないがしろにしたから?とも言われています。


 以前少しとりあげた宮沢元総理です。
以下記事より
 「みなさん、これだけはお願いしたい。いいですか、憲法は変えないほうがいい。守ってください。二度と戦争はしちゃいけないんです。僕は憲法ができた経緯は知っているんです。あれは翻訳だ。日本語じゃない。それでも憲法はかえちゃいかんのです。」

「私と後藤田(正晴)さんは憲法をかえちゃいけないという最後のジェネレーションなんです。・・・(中略)・・・でも憲法をかえると言ったらそれだけは断固許さない!」


 なにやら自民党にも道徳右翼??な方々が個人の尊厳より北朝鮮よろしく社会秩序がお好きな人達が目に付くようです。戦前回帰の亡霊ぽぃわ。

  保守しなくてはいけない大切なものがあるんですね。
それがその人そのもの、政党として存在する根源なのかも。






nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

aosima0714

初めまして!
遊びに来ました!
良かったら私のブログに来てくださいね!
これから、ちょこちょこ遊びにきます!よろしくです<m(__)m>
by aosima0714 (2009-07-30 16:34) 

ayu15

aosima0714 はじめまして。

「はじめまして」に自己紹介かいています。
みんなが生きれることを願う苦悩の日記です。
by ayu15 (2009-08-01 21:43) 

mai

こんにちは。自民党でも戦争を体験した世代の安全保障関係の発言には説得力があります。宮沢さん、後藤田正晴さんあたりまでは、平和を保つために「これだけは譲れない」というものがあったと思います。(戦争で傷つかなかった(心も身体も)中曽根さんは別です)。そういうものを持つ世代がいなくなってから、自民党政治家の急激な劣化が始まったと見るのは偶然でしょうか。
by mai (2009-09-01 15:39) 

ayu15

そうかもしれませんね。戦争で地域が壊滅の沖縄や被爆地では党派を超えて戦争の悲惨さをかたりついでいるようですもの。
by ayu15 (2009-09-02 21:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。