So-net無料ブログ作成

原爆の日と裁判員制度 [法律・制度]

2007年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-27
2008年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-28
2009年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-02-22
 初めての方は、コメントくださる前にまず、はじめましてをごらんくださいね。
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35382141-1

 今日は原爆投下の日です。初めての裁判員による法廷も開かれています。

hmさんが裁判員制度について触れていました。
 「市民に分かりやすくプレゼンする」ようです。
 「過度に「プレゼン技術」に躍起になるのではなく、それ以前に、「プレゼン」「要約」をする際に法律家には法律家としての誠実さを持ち続けないといけないことをまず確認して頂きたい、と思います。」とかかれていました。
なるほど~。
 これはフィクションで現実にある裁判の話ではありません。

 昔ある所にNさんがいました。Nさんは手先器用で頭もいいんですがケンカが弱かったです。隣にいるCさんが肌の白いAさんBさんDさんらになんとかく軽く見られているのみて、プライド高いNさんはケンカに強くなるように、武器を買い体も鍛えました。

 ある時Aさんは無計画な家計がたたり破産状態になりました。そのツケを周囲に求め出しました。Bさん・Dさんとかも仲良くしてくれなくなりました。
 
隣にいたCさんを、NさんはBさんらと奪い合うようになりました。

Nさんは孤立しはじめました。

目の前の現実の対応におわれているNさんは、何時の間にかだんだん自分が制御できなくなってきました。
こうなったのは「Aさんが自分の失敗を周囲にまわして、そのとばっちりで自分がこんな目にあったんだ!」とNさんは思いました。



こうして「犯行」は行なわれました。


ある日、ハワイでのんびりくつろぐAさんを突然Nさんは襲い殺害してしまったのです。


被害者遺族とかの主張
無防備なAさんをいきなりおそった残忍卑劣な犯行だ!
Aさんはいい人だ!誠実でなんの落ち度もない!
Bさんは不幸な過去で性格ゆがんでいる。
不幸な過去を責任転嫁?している。
残忍な性格だ!
泣いて命で償うと謝罪しろ!
全面的に私がわるいと認めろ!いわないのは反省が足りない証拠だ!



周囲
被害者心情かんがえたらNさんは死刑だ!
Nさんを弁護するなんて・・・。
もっと誠実に謝罪しなくては。


遺族も微妙に食い違います。
原因つくったAさん遺族のKYさんはNさんへの報復は正義だ!と叫んでいます。でも別の遺族のMさんはやりすぎだったと言ってます。


高齢になったNさんの子でY教の信者のJさんはNさんは悪くない。まわりが悪いんだ!自分を守ろうとしただけだ!と言います。でもKYさんの子分です。


Nさんの隣人のCさん・KOさんらはすべてNさんが悪いとずっといつも言い続けています。



 裁判では犯行そのものが裁かれます。
裁判員制度導入で核心司法になったそうです。その犯行部分をわかりやすく要点整理して提示されます。
第三者はこの提示された情報でどういうイメージを被告・被害者にもつんでしょう?

自衛隊Tさん発言で問題になったのがこのイメージです。いかにいいイメージあたえるかで大きく影響があるそうです。部分正義??貫きイメージ悪くして全体に余計に悪く見られたなんていうTさんの二の舞になる可能性も??


 従来は精密司法で膨大な資料を読んだそうです。調書重視で冤罪もうまれたんですが、その要因・背景(不幸な生い立ちとかも)みています。


 このNさんの殺人事件もなぜNさんがそこまでおいつめられたのかがとても大事だと思いませんか?不幸な生い立ちも見る必要がありそうです。

 AさんもNさんもいろんな顔もっています。
遺族にはいい人のAさんもNさんには冷たい人だったんです。
Aさんには憎い加害者でもNさんに勇気づけられたIさんらもいます。


人は相手によって違う顔をもっています。白黒で見ることはできません。




そんなことどうでもいいです。人にはいい人でも、うちに対して良くない人が多すぎ!!
悲しいです。[もうやだ~(悲しい顔)]



裁けますか?2 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-05-20-1
裁けますか http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-04-23-1死刑判決だす覚悟
裁判員制度3 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-01-12



国旗・国歌て? http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-07-11国てなに?
鏡に映った http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-07-17-1右も左もわからない
レミングの群れ? http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-05-08 集団狂気?
リベラルな保守? http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-12-30アメリカの勢力

イデオロギーは国益より強し http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-12-01 自衛隊幹部の方の論文
リア王 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-11-20 愛てなあに?
アメリカ合衆国  http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-12-1 アメリカの財政
覇権国アメリカと日本 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-01-26-2政治学
nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 3

aosima0714

初めまして!
遊びに来ました!
良かったら私のブログに来てくださいね!
これから、ちょこちょこ遊びにきます!よろしくです<m(__)m>
by aosima0714 (2009-08-06 14:30) 

ayu15

aosima0714 さん、初めましてでなく、2度目ですよ(笑い)
またどうぞ☆
by ayu15 (2009-08-06 15:18) 

まーぶる

ご訪問&コメントありがとうございました。

裁判員制度では事前に事件が発生した原因と結果、そこまでの経緯を客観的に判断し、被害者と加害者の周囲の良い印象と悪い印象も事前にどこまで教えてもらえるのかなと思います。

裁判では加害者が悪とは限らないため公正な目をその人たちが持てるか(自分がなってもそうですが)ということも重要ですよね。
ただ、実際には選ばれた人の性格にもかなり偏りが出てしまうような気がするのですが・・・・・・・
by まーぶる (2009-08-06 22:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。