So-net無料ブログ作成

遠野物語 [おはなし]

民俗学の草分けともいわれる柳田國男さんによるものです。
これを漫画家の水木しげるさんが漫画化したのがありました。これおもしろいです。

経立(ふったち)のお話がでてます。動物が年を経て怪しい能力の身につけ怪異をおこすことだそうです。

46話では鹿を撃ちに行った人がオキ(鹿笛)吹きました。すると猿が鹿と間違えてでてきたそうです。


コメントが面白いです。
「狼や猿より恐ろしい人間の経立。100年に一度の世界金融経済危機は彼らのせいなのかも?!」


おかねは物をかってりサービス受ける時につかうんですよ。転がすのはほどほどにしましょうね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。