So-net無料ブログ作成

失業者に10万円 [社会問題]

2007年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-27
2008年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-28
2009年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-02-22
 


初めての方は、コメントくださる前にまず、はじめましてをごらんくださいね。
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35382141-1

世の中宣伝カーが走り回ってます。CO2まきちらさないで、自転車でまわったら?という突っ込みはまたの機会に。
 8月20日の朝日新聞におもしろい記事が載っていました。
安心社会の政権選択です。

「失業者に月10万円」とあります。一人当たり負担額が1年で1万5045円です。
これを元にしたもののようです。

「困っています」
不況のあおりで工場の期間工を解雇された。失業手当も切れた。求人少なく再就職のめど立たない。生活保護うけるしかないのだろうか?
という相談内容です。


それにたいする意見

母子家庭の母
パート掛け持ちで必死。雇用保険にも入れない。
非正規で利益あげている。
企業は失業コストも負担すべき。

経営者
世界的不況でどうしようもない。
政策の失敗だ。
国が面倒みなきゃ。


ケースワーカー
失業者には頼る人も場所もない。
精神的支援。
再就職にきめこまやかな生活支援。

専業主婦
失業中なのにパチンコばかりしている人みた。
そんなひとにあげる制度。
財政がパンクするだけ。

正社員
誰でも失業手当もらえるとそれ目当ての人
マジメに払うの損

コンビニ店長
人手不足
求人だしても応募がない
職業訓練で異業種に




 さあ誰の意見に賛成でしょう?


うちは全部賛成で反対です。


個々の意見はちゃんとまともないいこと言ってます。
でも相談内容にあってますか??!!!

専業主婦の方はまとはずれで論外です。
正社員も外れています。


文が内容不充分で文からの憶測がはいりますが、
この方はまじめに働き、不況での解雇です。非正規は本来は製造業の需要の乱高下にたいする生産調整の必要性からじゃないかなあと思うんです。
これは社会・国の政治も関わると思えます。

再就職の意思があり活動しているが情勢は厳しく希望業種への再就職が困難ととれます。

生活保護は本来望んでいません。なんとか就職したいという願望が見えます。



なので相談内容に比較的あうのはコンビニ店長でしょうね。
「まだ製造業は厳しく再就職は困難ですが企業のなかには業績のばしているところもあるので調べてみては?異業種転向も考慮してみてはどうでしょう?
うちはコンビニ業ですが人手不足なんですよ。特殊技能は不要なので一度考えてみては?」
まあこんな感じならハズレではなさそうです。


母子家庭母と正社員は一見反対意見ですねえ。



 もしうちが工場経営者なら
やはり生産調整はさけられない課題になると思います。膨大な在庫の山かかえたら存続もあやういし・・・。
正社員以外にも多忙期の応援人員が必要になると思うんです。事務職かりだすのもありですが、非正規もある程度いるかなあと思うんです。

 法的に可能なら大学生のアルバイト(親の扶養がある)と独立している人区別して生計立てている人の保険導入したいです。自己負担と企業側負担が財源です。正社員で採用してたらかかるはずの負担金です。

 病むをえない病気や生産調整による解雇の時に給付です。
(したがって正社員の方のいう給付目当てでやめてもでません)
でも一企業ではわずかしか出さないし国にもだしてもらえたらなあ・・・・。

人事課で再就職支援担当者を一人おいて取引先・関連企業に人員募集情報集めて応募うながすとか。




 でも個人差は大きいですが、確かに生活支援必要な人もいます。お財布にあるだけパーと使うタイプの方です。病気とか何かの時におかねが残っていないという方です。

こういう人は給付しても有効につかうのは容易でなさそうです。
市民団体(NPOとか)の協力もいるでしょうね。どこかの団体に持ちかけて失業人員のその後のケアーのサポートお願いしたいです。いくらかはその団体に寄付しなきゃと思います。

これでケースワーカーの人の意見も生きてきます。



 うちが経営者だとしても利益ださなきゃいけないので、できる努力は大きくなさそうです。
多分解雇された非正規の人を充分支援は無理でしょうねえ・・・。
行政による支援も必要だと思えます。



  
 専業主婦の方はこの場合論外ですが、パチンコの方と無関係なのに一般論で同一視しているのは問題です。(こういうの好きじゃないです)
パチンコしてる人自体はやはりうちは心情的には「なんでこんな人に・・・」という気持ちはでちゃいます。

支援団体の方も言ってますが、ケースワーカーの人の意見のように生活支援が必要な人が少なくないようです。パチンコ依存症の人もいるとか?
支援は大変のようです。


 
 

  世の中生活保護には厳しく、冷たいようです。だししぶりで「おにぎり食べたい」と餓え死にした人だした記憶はまだ新しいです。介護に疲れた・介護で働けないのに生活保護うけられず心中なんてとんでもないケースもでています。
でもかたや生活保護でパチンコのケースもあるようです。
(なぜパチンコ・どういう経緯かさだかでないのであやふやですが・・・。)



なんか拡がりすぎるのでこのへんでやめときます。
 
 世の中画一的・白黒思考が気になります。生活保護にもちこまれているのかも??
前提となる10万自体かんがえてもよさそうな・・・。

基準にみたないけど困っている人は切り捨てられてしまいます。
個々の事情考慮した支援てできないんでしょうか?

 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。