So-net無料ブログ作成

高額報酬者のツケを払わされる [経済]

 今日の日経新聞のトップ記事は
銀行の自己資本比率の強化に関するものです。







 
 マネーゲームに明け暮れて金融崩壊引き起こし世界中に後始末に税金負担させたから健全経営目的でしょうか?
普通株などの狭義の自己資本を求めるそうです。これは日本の銀行の融資に好ましくない影響あたえそうです。

 4面にはこのためにまた貸し渋りする銀行がでてくる懸念が書かれています。


 7面には
その直接の張本人??の一角のアメリカ金融機関で高額報酬が復活だそうです。AIGのトップは年10億ドルです。前任者は1ドルですよ!!! 
驚いちゃいけません。もっとすごいのはシティグループ(破綻で政府介入?)のトレーダーでなんと1億ドルです。約100億円です。
別に格差禁止なんていいません。でもこれありすぎだなあ~て思うんですが。
顧客にのみリスク負わせて破綻すれば税で、成功したら使いきれない高額報酬ですか・・・。
マイケルさん見習って消費したり寄付したりとかでたくさん使わないんでしょうか??
使い切れないおかねはどこにいくんでしょう?

かつて世界大恐慌引き起こし戦争の原因つくったのに反省してないんでしょうかねえ??
記事ではこういう報酬体形にたいする批判が起きているようです。


 前日の記事(前日の日記に書いてます)
転がして目先利益自己利益に対抗できる長期視野の有力投資家が必要といわれているそうです。
今日の7面記事では長期保有者の売却に税制優遇をという意見も書かれてました。


 別の記事(どこか忘れました)
お金かね転がしで、需要供給の原理?から外れておかねを産んでもうけていた欧米金融機関と日本を同一視でいいのか?がありました。
日本の金融機関はかつてバブルで似たようなことして日本経済をダメにした教訓があります。今はそれをいかしてうかれないで地道な経営努力・営業努力をしていますというものです。
ある銀行家は「なんでうかれた欧米銀行と一緒にされなきゃいけないんだ?!地道に努力しているのに・・・」と。

 かつて規制がなく自由に設けて世界破綻を招いたとも言われています。世界中の人がそのつけを払わされました。命を失った方も多数います。
国単位ならそういう面では日本も被害者といえるかも?(もちろん中国も)
今回のただでさえ財政が厳しいのにその処理にせまられています。
 なんか金融が悪者みたいにみえますが、必ずしも悪一色ではありません。

 白黒論理でなく、格差もほどほどに、金融市場もほどほどにでしょうか?
アメリカは性格上??どうしてもこういう傾向あるかもしれません。
でも少なくとも日本は「匠の技」「技術大国」日本でありたいです。おかね転がしより地道に研究開発・優れた技術・サービスを提供して対価を受け取るもう少し地に足のついた社会でありたいなあと思えます。

 目の前の現実的対応・利益のみしかみえず、理想・理念を現実にあわせてかえていると自分を見失うかも?
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

ayu15

前日の国債もどうぞ。
by ayu15 (2009-08-29 16:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0