So-net無料ブログ作成

CSR [経済]

 世の中、働く環境がかわったみたいです。非正規がう~ンと増えてます。終身雇用もくずれました。労働組合もかなり弱体になったそうです。 世の中で雇用されている人で組合はいっている人て少なそうな・・・。ここだけでみるとよくないほうに向かったような・・?

 
  以前でたんですが、資本主義・会社という概念??ができて、おかねをあつめて、大きないろんなことができるようになりました。19世紀にくらべたらずいぶん便利で豊かになったような気がうちはします。

 会社は儲けるためにある!という考えを強調する人達もいるんですが、近年環境問題が重要になっているようです。今もうけても環境こわれると将来の利益にならないような・・・?

 19世紀とちがうのは環境・社会貢献もかんがえるようになった点がちがうのかも??
植林活動・清掃活動・NPO支援などが企業により行なわれています。20世紀の成長期と比べては??個人的イメージは企業の環境にたいする取り組みは良くなっているような気がします。



 「オルタナ」という雑誌があります。これは単なる環境雑誌ではないそうです。
資本主義の矛盾点を捉えて持続可能な社会をみていくビジネス誌らしいです。
環境も考えるけど経済的にも成り立つことも考えてもよさそうですね。


隔月発行で500円です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。