So-net無料ブログ作成

事業仕分け [政治]

 なにやらネットでは小さい政府がいいとか何とかを見かけます。

思いつくのは小泉さんです。政権かわり「ばら撒き」になる?という噂もあったようですが、3兆円削減だ!の声のつぎは仕分けとつぎつぎ削減しているようです。
小泉路線の継承者は自民党でなく鳩山内閣だ!という噂も?[どんっ(衝撃)]

まあこれが好ましいかどうかうちには判りませんが・・・。


 
 本題です。
 近年国際競争力がよく言われているようです。
教育・研究でも人材確保・育成は競争別にしても重要かも?
大学は研究機関であり、高等教育機関ですよね。高度な知識や技術などを身に付けることも可能らしいです。

 この大学の事業も仕分け対象になったそうです。

主旨は
「高いレベルの研究者を中核とした世界トップレベルの研究拠点形成を目指す構想に対して集中的な支援を行い、システム改革の導入等の自主的な取組を促すことにより、第一線の研究者が是非そこで研究したいと世界から多数集まってくるような、優れた研究環境と極めて高い研究水準を誇る「目に見える研究拠点」の形成を目指す。」
だそうです。

 成果がでていないとみられたのでしょうか?
ある研究(ひとの健康関連)では10年20年の長い追跡調査でデータをとりやっと日の目をみる研究があります。それは外国のがほとんどだそうです。 



 教育でエリート残して、一部の人切り捨てる「格差」教育も問題ですが、第一線の教育への投資が少ないのも問題かも? 削られた予算でいい研究ができる・いい人材がそだてられるというならいいんですが・・・。

 
 そういえば海の向こうでは今もうけたら何億円も報酬もらえるなんてありますよね。以前かいたんですが「成果主義が会社をだめにする」という問題を指摘する声もあるようです。

 今すぐ成果でない研究も大事じゃないかなあ~と思うんですが、どぉでしょう?




現在、文部科学省の行っている事業に対する、
パブリックコメントが募集されています。

 
投稿先:中川正春副大臣
nak-got@mext.go.jp


なお、電子メールの件名に以下をお願いします。
事業番号:14
事業名称:競争的資金(外国人研究者招へい)(世界トップレベル研究拠点WPI)





 


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

大和

事業仕分けは、画期的な事件でしたね。
如何に日本の官僚が腐敗しているかを明らかにしました。このような行政では、日本だけが落ち込むのも当然です。
知識時代に、官僚が愚民化政策を行う国が成長する筈がありません。心のノートも英語ノートも学力テストも、教員免許更新制度も完全な無駄遣いです。
子供に大切な文科省と学校が、どれほど腐っているかを知っていますか。
大学を天下り機関に変え、世界最低にまで堕落させたのは、文科省官僚です。
不登校、退学者20万人、引きこもり、ニート60万人を作る学校は、教育機関と名乗る資格もありません。学習塾や家庭教師に助けられる学校教員は、現在の半分の給与さえ受け取る権利が無いと思います。
文科省こそ、日本社会を衰弱させ、子供を不幸にする悪性癌です。「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)を読むと、すべてのイカサマが分かります。絶対に許せません。
不道徳で無責任な腐敗官僚の行う事業は、国民にとって危険です。
事業仕分けで、文科省を廃止する必要があるとさえ思います。

by 大和 (2009-11-29 12:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。