So-net無料ブログ作成

拘束 [人権]

2007年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-27
2008年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-28
2009年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-02-22
 


初めての方は、コメントくださる前にまず、はじめましてをごらんくださいね。
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35382141-1
毎日新聞電子版2010年1月26日 10時53分にこういう記事がありました。



身体拘束:賠償認めず、患者側が逆転敗訴 最高裁判決
http://mainichi.jp/select/today/news/20100126k0000e040026000c.html


 かなしい事件です。
日記は生きるがテーマです。個々の人の尊厳は守られなくてはいけません。命もまもらなくてはいけません。
裁判みてないし、この件はわかりません。 でも拘束は個人差はありますが、尊厳うばいかねない大問題です。(ひとにより感じ方ちがいますが、あくまで本人基準で!)
 ここはしりませんが、状況によっては手におえないこともあるようです。限られたスタッフでは対応しきれないんです。 患者さんの命を守るためにやむなくというのもおこりうるでしょう。

 でも命はまもったけど、尊厳うばったとなると、誇り高い人だと死に値するとかんじる可能性も。


 もしうちなら家族がそうなら、家族の同意無しにやったら訴えます!!!!!

  病院などから同意もとめられたら、なんとしてでも自分で現場に行きます。どういう状況かこの目で確かめて、声を聞きます。
 目の前で大切な家族が拘束されるのは地獄の気分かも。でも同意するならそれを背負わないと。
 拘束はそれほど重い大変なことだと家族も施設も心してほしいなあと思いました。


 でもなんであばれるのか、よ~~~く考えたんでしょうか?患者さんや家族の声がきけているんでしょうか???
 欧州では拘束は野蛮な過去の行為で博物館ゆきの国もあるそうです。
残念ながら、日本では病院も介護施設もゆとりがなく、また意識もそこまでいってないらしいです。


 管理より、御互いの尊厳が守られる社会になるように、人におもいやりをもっていきたいです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0