So-net無料ブログ作成

眉山 [医療]

life---生まれてきて良かったと感じられる社会に  
 
みんなが自分らしく生きれますように♪
個々の人格・アイデンティティなどが尊重されますように♪
一人一人を大切にして見捨てない社会に。

日記リスト http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35386510-1










 世の中医療崩壊が言われています。知る限り数人の医療者が医療関係団体の場で小泉改革を崩壊の原因でみているようなコメントしています。おおきな原因のひとつかもしれませんがそれだけが原因とはおもえないんですが・・・。

 一部世論(特にネット)では「トラブルなどにあった人が訴えるからだ!」なんてこと言ってます。
どうもそれはなんか違うような・・・。







 眉山というのがあります。徳島市にある山で親しまれているそうです。この眉山(ビザン)は映画や演劇になってます。

 物語は神田のおりゅうという一人の人が末期がんで入院している病院が舞台です。
このおりゅうは物事をずけずけはっきり言う性格です。彼女は病院で看護士や医師にずけずけいいます。あれができていないとかいいます。
 看護士からみたらちゃんとやらなきゃいけないことしているのに文句ばかりいわれて不愉快です。「自分は問題ない」「問題ない自分に文句ばかりいうからクレーマーだ!」という感じかしら?


  この看護士は「悪」ではありません。通常おことをちゃんとしているようです。でも個々の人への配慮が足りなさそうです。「適切な対応で問題ない」という認識でおわるところが、おりゅうにはおかしいとおもえるのかも?


 あるときおりゅうはこう言いました。「患者家族は大事な家族を人質にとられているように感じるんだよ!遠慮してるんだよ!」 と。
 これを言われた看護士は激怒して看護を放棄して担当やめます。
{まじめに頑張っているのに言われたら不愉快ですよね。}


 でも一緒にいた医師は違いました。かなりショックをうけたようです。後でおりゅうのところにおわびとお礼にいきました。
 病院の医師はいそがしく日々おわれてついつい見失っていたものを気が付いたんです。個々の患者にたいする配慮がかけて「こなす」ことばかりだったこととか。

 看護士は成長しませんでしたが、この医師は成長したようです。
おりゅうはクレーム?つけても叩きではありません。相手がやめちゃうことは望んでいません。この医師のように成長すること願っているようです。おりゅうには成長したファン?が何人もいます。
 
  世の中全体主義的思考??で全体の雰囲気や都合で個々への配慮が不足気味とも言われる事も。
また効率化や雇用の不安定?で業務こなすことに負われて非効率になる個々への気配りはしにくくなっているとも言われたりも。

 「マジメにがんばっているのになんで文句いわれないと・・」で、文句いうな!で終わるのはなんか悲しいです。
 医療関係の人がゆとりもって(気配り充分できる)環境整備がいりそうな気がします。[exclamation]







風に刻む http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-10-15寛容になる物語


  
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 4

ユキ

でも今はモンスターペイシェント(だっけ?)もいるし
辛いだろうなぁ
医療関係者、過酷な割にお給料良くないみたいだから
国でなんとかして欲しいわ~
by ユキ (2010-03-01 01:46) 

ayu15

患者を思いやる気持ちと、それをできるだけのゆとりがもてるような社会ていいかも。
by ayu15 (2010-03-01 09:39) 

せとともこ

こうした状況って社会を映す鏡なんでしょうね、、、
考え込みました、、、、

みんな、それぞれの立場で一生懸命なのだろうが、、、と。

観ていないのですが、機会があればと思います。
情報ありがとうございます。
by せとともこ (2010-03-01 15:31) 

ayu15

みんな一生懸命なのかもしれませんね。

みんな余裕がなくて誰かにそのツケがいくのかもしれません。
by ayu15 (2010-03-05 09:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0