So-net無料ブログ作成

攻守逆転 [歴史]

 上海万博が始まりました。おもしろそうですが、とにかくものすごい人らしいです。20分以上まてないうちはとてもいけそうにないです。
 そんな中国について読売新聞4月18日におもしろいコラムがありました。 東大の北岡さんのかかれたものです。
日中歴史共同研究は順調にすすんだそうです。日本側論文・中国側論文・討議の要旨から成り立つパラレルヒストリーだそうです。
ところが中国側が公表いやがり一時は全部公表しないといいだしたそうです。

 中国側は 「 日本が南京虐殺認めて侵略認めたのが成果だ!」
と言っているそうですが、北岡さんは日本の歴史学者で「侵略でない。南京虐殺はなかった」という人はほとんどいないそうです。
『ネット上ではうようよしてますけど』 『某党の政治家にはこういうの言い出しかねない人達いますが・・・』
『戦後否定して帝国主義に戻そうなんていい出だしそうな人達も』

 満蒙における日本の合法的権益は旅順大連の租借権(イギリスがつかった香港みたいなの)・満鉄など一部だそうです。 確かに中国側による権益侵犯はあったそうですが、領有してない北満州まで制圧は通常こういうのは侵略だそうです。


 北岡さんの意見では日本国内にまだまだ「なかった!」という勢力?が少なくないようで中国は「反省してない!」といい続ける事ができるそうです。

でもこれらがごく一部となり侵略を明確にし、どの程度どういう責任があったのか議論しよう!となれば今度は中国が守り側となるようです。第三国いれて共同でアジアの歴史を書くのもいいそうです。


 こういう感じの文でした。


 靖国カルト(ツルミさん曰く)の人達は逆に日本の立場悪くしていると言った人もいたような・・・。


  ものごとはいろんな見方があり白黒でみれないようです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0