So-net無料ブログ作成

ブルー [暮らし]

 色のイメージてありますよね。
でも人それぞれ少しずつ違うし文化によりちがうようです。
ある英語に詳しい人のお話

 1アイ フィール ブルー という言い方があるそうです。
もちろんこの場合のブルーはH系でなく憂鬱とかの意味のほうです。

アイ ガット ブルーズといういい方もあるそうです。印象としてこちらのほうがより強い(より憂鬱)な感じだそうです。

ドゥ ユー ハブ ブルーズ?という言い方もあります。 ハブというと「アイ ハヴ ア ペン」という中一英語が頭にありますが、持っているとはちょぃちがうような。 このハブという単語は便利で持つ以外にもそういう感じのところでつかえるんですよね。



 2日本ではピンクがHな男性?のかたがたがそういう系連想するらしいです。でも根拠??なく誰かが使いだしたのが一般的になったといううわさが・・。

 英語ではブルーが日本のピンクになるそうです。

 3青二才という言葉があるそうです。こういう意味での青(ブルー)は英語にはないそうです。この場合の意味は英語ではグリーンになるそうです。
ていうことは緑二才?(笑い)


 そんなことよりうちはブルーです。[あせあせ(飛び散る汗)][exclamation&question] 二重 「 をどうしたらだせるかおしえてください。  「{{ は出せます。

nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 6

shira

商売ネタをご披露すると、
 pink: 左翼的な(アカまでいかない)
 green: 嫉妬に狂った(シェークスピアの戯曲に、嫉妬はgreen eyed monsterとあるんで)
 gray: 老年(白髪まじりの頭髪の色)
 purple: 高貴な、王族の(かつて王族の衣装が紫色だった)

ついでに、
 white lie: 他愛のないウソ
 white out: 目の前が真っ白になること
 red neck: 農場で酷使されている労働者(首が日焼けして真っ赤)
 blue-eyed soul: 白人のソウル音楽(本来ブラックミュージックであるソウルに憧れた白人アーティストによるソウル。ライチャスブラザーズやホール&オーツなど)
 greenhouse effect: 温室効果(greenhouseは緑の物を育てる家、つまり温室)
 blue blood: 貴族(理由はよくわかりません)
 born with a silver spoon in one's mouth: ボンボン、生まれが良い
 yellow dog: 野良犬、臆病者
 brown sugar: 黒砂糖 隠語で麻薬

 
by shira (2010-05-24 23:24) 

ayu15

shiraさんありがとうございます。こういうのがちょぃはいると英語学習意欲がわくかも?

紹介されたのは知らないものだらけです。

グリーンディというアーチストがいるそうですが、嫉妬の日?!(笑い)
ブラウンシュガーはローリングストーンズがオリジナルで80年代に誰かがカバーして再ヒットしたそうです。



by ayu15 (2010-05-25 09:29) 

Ladybird

 うろ覚えですが,
She saw red.
という言い方を聞いたことがあります.
 彼女はカッとなった.
というような意味かと思います.一般的な表現かどうか?

>二重 「 をどうしたらだせるか
 私はマックなので操作が違うかもしれませんが,shift を押しながら「 を押したら『 になります.
by Ladybird (2010-05-25 09:56) 

ayu15

顔を真っ赤にして怒るていいますものね。
shiftは以前のPCはそれでしてました。今のにはそれができません。
by ayu15 (2010-05-25 21:19) 

shira

 あ、『』ですよね。
 私の使ってるキカイは自宅のマックも職場の富士通(vista)も日本語入力モードで「」か()かを入力して変換キーを押すと一覧の中に『』があるんで、それを使ってます。
 今、試しに<かっこ>と入力して変換してみたら、かなり下のほうですが『』がありました。
by shira (2010-05-28 22:26) 

ayu15

『』でました。ありがとうございます。いままでのはSHIFTおしながら「を押すとでたので簡単でした。 感想や突っ込み?にゆく使ってたので、変換は不便ですねえ・・・。{ }に変えようかしら?
by ayu15 (2010-05-29 09:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0