So-net無料ブログ作成

ジャズなクラシック [音楽]

 今年はショパンさんの200周年です。彼はピアノバラードというジャンルを確立したことでも知られています。
音楽にはさまざまなジャンルがあるようで(分け方人それぞれ・分けないのもあるようです。)すが、ジャズとエチュードをブレンド?したものがありました。ニコライ・カプースチンさんの

「8つの演奏会用エチュード 作品40」 です。  
 <TRITON DICC-24058>


彼のオリジナル作品で、自作自演でピアノ弾いています。

聞いた感じでは、演奏にはジャズの技法やフィーリングがいりそうです。



 ショスタコーヴィチさんは「ジャズ組曲 第2番」というのを作曲しています。彼は本来クラシック系のジャンルの曲書いている人です。でもジャズが好きだったらしいです。
 うちの平均的イメージのジャズと違うんですが、この当時はこういうのもあったのかも?       


 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0