So-net無料ブログ作成

野ばら [おはなし]

2007年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-27
2008年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-28
2009年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-02-22
2010年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-02-01

 初めての方は、コメントくださる前にまず、はじめましてをごらんくださいね。
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35382141-1

 物語の紹介と感想です。



 どこかの地域では先生が知事命令(君が代伴奏しなさい!)という命令に従わなくて首を言い渡されたとか。
 ネットでは「マナーが悪いからけしからん。首は当たり前!」なんていう意見が堂々と書かれています。
{なんか違うような・・}

 ある力ある人が言いました。「いうこと聞け!」と。
言われた人はどうしてもそれはしたくない、自分らしさを失うことで聞きません。
すると「たたかれなきゃわからないのか!おまえはウシか?!」

涙流して悲鳴上げて一発こらえます。
「たたかれてもわからんやつはウシ以下だ!」


 あの知事さんもこういうことしてきたんでしょうかねえ?


 そんな中「野ばら」というお話聞きました。 小川未明さん原作です。
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2010-06-27&ch=07&eid=87909

 北の国と南の国の国境です。それぞれの国の兵隊さんがいます。
お互い環境も文化も違います。北の国の兵隊さんは経験浅い若者です。南の国の兵隊さんは高齢です。でも二人はやがて友達になりました。


 ある日戦争がはじまりました。二人は敵同士になってしまいました。南の国の兵隊さんは言います。「私は経験長い分高い位をもらっている。私を討ってもどりなさい」と。
北の国の兵隊さんは「友達なのにそんなことできない!」と言います。

 北の国の兵隊さんは命令で戦地にかりだされます。


やがて戦争はおわりましたが・・・。

以上

 「右翼」な思考では命令好きなようです。守るのは絶対です。
漠然?とした巨大な力の前に、二人の友情は危機を迎えます。



 これは物語です。でも私たちのおじいさんやおばあさんも隣人や友人と悲しいことになった人はいるらしいです。
多くの人がある時は加害者にされある時は被害者にされたようです。きっとその光景は地獄だったでしょう。



 話とんで、
もしうちが生徒だったら??自分達の担任や顧問の先生が知事に首にされたら??
なんかショックです。「いうこと聞かないと思い罰あたえるぞ!」と見せしめみたいに見えます。
校則厳しくして生徒拘束したいんでしょうか?
なんか束縛魔のダーよりたちわるそうです。http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-02-16-3
ある人曰く「生徒の自由奪い管理しやすくするには、まず先生の自由を奪えばいい」


 私たちが守らなきゃいけないのはなんでしょう??

 「赤信号みんなでわたればこわくない」どころか「赤信号みんなで渡れば青信号」はなんかおかしいです。

束縛魔のダーみたいなhttp://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-02-16-3
ラジオ・キラーhttp://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-06-02ドラマ 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0