So-net無料ブログ作成

忍者はっとりくん [世界]

 あいにくアニメのお話じゃないです。

昔日本には忍者がいたそうです。忍者が主人公なのが忍者はっとりくんだそうです。うちはみたことないんですが。

海の向こうでは007シリーズがありますよね。
現代西欧版忍者でしょうか。

 読売新聞6月30日7面にはアメリカがロシアスパイ10人を拘束したそうです。
冷戦時代さながらのスパイ合戦?
 
 「国益」でスパイ活動は必要悪だという声も・・。
戦争もなくならず、なくなる兵隊さんも後をたたないようです。
うわさではイラクにいった兵隊さんは200万円代の給料の人がいるらしいです。

{良くも悪くもアメリカが世界の安全保障をまかなうという運命だそうです。死と隣り合わせで虐殺される恐れもある危険な任務の人が低収入で金融操作や役員報酬では億単位てなんかおかしいですねえ。}

 


 31面には忍者のコラムがありました。忍者てよくわかんないんですが、徳川家では以下のように定義されるようです。
「他国に潜行して敵の形勢を察し、敵城に入って火を放ちまたは刺客となって人を殺す」と、幕府編纂(ヘンサン)の武家妙目抄にあるそうです。


 イラクでは兵隊さんの労災死亡率はでているらしいですが、スパイのは不明です。
日本でも忍者の労災死亡率はわからないのでこれを研究したそうです。

 井上頼国さんの資料が古文書資料館?に保存されていてそこにあったそうです。死亡率は約3割だそうです。これは危険な仕事といっていいでしょうとのことです。
 ただ同時代の武士(兵隊さん)の比較での死亡率がよくわからないのでそこは課題だそうです。


 この命がけの忍者ですが、お給料はなんと今の100万円前後だそうです。

日本はそんなに貧乏な社会だったんですか??おかね(富)はどこに消えたんでしょう?


 時代はどんどん過ぎました。でもいまでもおかねがなく病院いけない・あしたの食事」が心配なんていう人もいます。日本はそんな貧乏国なんでしょうか?!いったいおかねはどこに消えたんでしょう?!  



 海の向こうで命がけの人の数ケタ違いで役員報酬や金融操作でお金稼ぐ人を思い出します。ブッシュ政権は格差をさらに広げて固定させて、お金持ちはもっとお金持ちにして貧乏な人は安くでイラクに送り込んだそうです。家族いないと遺体も見捨てられるそうです。
おかねなくて生きられない人たちがいます。他方では、ありあまって行き場なく投機マネーとなり暴れるおかねが・・。
 


 私たちは室町幕府後期を戦国時代と呼んでいます。当時の人がその時代をどう呼んでどう認識したのかはうちは知りません。


 数世紀後、その時代の人達が20~21世紀は戦国時代で、安い報酬で命の危険にさらされ、送り込む人??勢力??は高額報酬でつかいきれないお金をゲームにつぎ込み世界中を混乱させていたんですよ!なんて歴史の本にのせるんでしょうか??


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

shira

 こと国際関係に関して、日本は昔から情報戦がヘタクソなんですよ。第2次大戦中の日本の暗号電報が連合軍に全部解読されていたというのは有名な話で、おかげでミッドウェー海戦は待ち伏せされて全滅してます。
by shira (2010-06-30 21:54) 

ayu15

そうなんですか。

そういえば英語禁止とかいってましたね。相手は日本語や日本文化研究熱心だったのに。


余談ですが軍の一部は英語してたそうです。
うちの日記のどこかにあります。
多分インテリジェンスについて佐藤さんのお話とりあげたところかも??


なんにせよみなさま「滅私奉公」でおかしなことに?
by ayu15 (2010-07-01 09:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0