So-net無料ブログ作成

水俣病 [社会問題]

世の中誰もが心身が健康なんわけではありません。身近にささえてくれる家族や友人が充分いるとも限りません。


 人も行政も例えば「○○病」とか名をつけます。
 行政は基準作ります。白か黒です。基準に満たないと認定されません。

先日水俣病の裁判がありました。

 ある人が水俣病と認定してもらえなくて、支援されていないそうです。認めてくれるように働きかけてきたんですが、認められず裁判になったようです。

 判決では国の基準がおかしい!というようです。

 
 支援を必要とする人がなかなか支援されていないのが今の社会に見えます。
従来は「しゃくし定規」で、個々の事情を好まず画一的にきめられたことで対応する「右翼」な対応がおおかったような?

 そのほうが「楽」なんでしょうか?
困っている人が救い求めて訴えても「規則ですから」で門前払い。
例外認めると他にもそういう人でるからとか。
自分達は悪くない!真面目にしている!規則でそうなっているんだから!
なんかおかしいです。

  
 人は誰かに支えられ誰かを支えたりするものかも??
行政の支援の網から例え一人でもいるのは問題です。政権交代したんだから「右翼」な人もいる自民党と違いみんなが参加する「民主」の民主党になってほしいです。


基準がどうだろうが支援必要な人に救いの手をさし述べるのが行政でなくては!」


 おかねの支援は行政でも、支援はおかねだけじゃないです。私たちは人にあたたかいまなざし向けていきたいです。
「右翼」思考で排除しないで、ともに縁あって同じ町で暮らす仲間として、ともに生きていきませんか?!
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

ayu15

shiraさんありがとうございます。
by ayu15 (2010-07-21 08:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0