So-net無料ブログ作成

雇われている??2 [法律・制度]

昨日の続きです。


まず昨日のどうぞ。http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-07-26

 人は雇用形態でもビジネスマインドを程度の差はあれでも多くの人がもっているのでは?という人も。
つまり、社員でも個人事業主・経営者感覚をもちあわせているということでしょう。


 雇用する側もされる側も契約の関係となるでしょう(法的の話でなく、価値観・意識など)
契約は守るがそれ以上はしない。労働者保護も義理もなく、自分のステップアップだけを考えて、より高く商品(自分の労働力)を買ってくれるところに移る・自分の能力たかめられる環境に移るとかが当たり前になるでしょう。

 会社はもはや「ばらばら」で利益追求の個人事業主の集合体?切磋琢磨で向上する半面、人間性や企業理念創立の思いや夢は色あせやすそうです。


 かたや従来型だと会社=自分(極端に言うと)なので会社が評価されたら自分がみとめられた気分になります。自分も会社を代表している気分なので会社のお客さんにもそういう気持ちになるでしょう。
ただ悪い方向にいくと、なれあいで会社のミスをごまかしてしまうことも・・・。


 

 以前書いた法人と自然人ですが、自分=会社では法人である会社と自然人(個々の実体ある人間)のトラブルでも相手がちゃんとでてきやすいように思えます。
 かたや新自由主義社会意識の会社は契約の関係で割りきりですから、法人には意識上実体ないです。みんな自分の責任じゃないとおさらばです。


 かつていろいろな人達が夢をもって会社おこしたそうです。時がたち目の前の現実論で色あせてしまったんでしょうか?


 ある学者曰く
日本は集団主義的社会の要素がつよい。
全体主義・右翼化しやすい社会だそうです。

新自由主義価値観がいい悪いではありません(選択の問題?)でもアメリカではそうでも、日本にはどうなんでしょう?
新自由主義推進して(抑制の声を非難して)「ばらばら」にして、社会バラバラだ!と「道徳・秩序」を主張して、個人の人権制限で乗り切る右翼だけはごめんこうむりたいです。


嫌な顧客と嫌な人間http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-01-03-1

誰が作ったの? http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-14-1 この建物作ったのは?
会社の活力  http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-17 経済のお話
会社がだめになる http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2007-12-29
報酬 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-04-02 労働報酬の価値
会社は誰のものなの? http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2007-09-01
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

ayu15

shiraさんありがとうございます。
by ayu15 (2010-07-28 08:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0