So-net無料ブログ作成

強制労働 [世界]

 読売新聞8月12日6面

 ドイツに徴兵廃止論です。

 冷戦激化を背景に徴兵がはじまったそうです。
現在は兵役につく人は対象者のわずか16パーセントです。

おもしろいのが「小さい政府」の自民党が徴兵廃止を訴えてます。どっかの国の自民党は安全保障に熱心ですが・・。
社会保障に理解示すキリスト民主・社会同盟は制度維持の声がおおいそうです。


 軍と市民の間の風通しがよくなるが理由とか・・
{え?!そんな理由で!}

社会福祉で使える人員減るからいやだという福祉関係も。
{おいおいそれは「滅私奉公」でしょう。おかしくないですか?



一方、軍の専門性たかくなり職業軍人でという声も。

職業選択の自由が守られ強制労働はなしですよ。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

ayu15

shiraさんありがとうございます。社会福祉の理念から見たら、徴兵制度支持はそぐわないです。
これも理念が横に追いやられ、眼の前の現実に「組織維持」のための「滅私奉公」の一例かもしれません。
by ayu15 (2010-08-18 11:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0