So-net無料ブログ作成

悪い人でも2 [法律・制度]

   life---生まれてきて良かったと感じられる社会に
--苦悩の狭間-- ☆  一人一人を大切にして見捨てない社会に。みんなが自分らしく生きれますように♪

2007年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-27
2008年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-28
2009年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-02-22
2010年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-02-01
初めての方は、コメントくださる前にまず、はじめましてをごらんくださいね。
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35382141-1


悪い人でも http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-12-30に次ぐ第二弾です。



 世の中監視強化厳罰化の心情の流れがみえますが、それには寛容さがあまりなく、見捨てたり否定したり規格に外れると排除しようというものがあるような・・。


  悲劇の連鎖、憎しみの連鎖も後をたちません。あまりにもおおきすぎてうちごときではどうしていいのかわかんないです。


 事故や事件にまきこまれても充分な支援が受けられないこともおおいそうです。でも犯人とされた人を死刑にする時だけ被害者心情がもりあがるような?
{なんかおかしぃような?}

 読売11月27日38面にありました。

ノルウェーといえば小国ながら国際競争力たかく豊かな国とも言われています。新自由主義のアメリカより競争力あるそうです。治安も悪くないそうです。そんなノルウェーででの受刑です。
 戦争犯罪などを除いて最高刑は禁固21年だそうです。

年間30日限度に外出認める外泊制度があります。今年できたハルディン刑務所は10人一組でユニットをつくりユニットごとにキッチン・リビングがあるそうです。朝食は自分達で作ります。なんと薄型テレビやシャワーまで付いています。 
 {戦前の軍隊?よろしく、拷問のような監視されて命令される集団入浴の某国とえらいちがいですね。}

 刑務所は個々の経歴・問題点を詳しく調べたうえで仕事・勉強・自制心養うプログラムなど別々の日課を組んでいるそうです。

殊遇方針は「自由を奪われることがすでに罰。ここでは円滑な社会復帰のため極力普通の生活を送らせる。厳しくすれば犯罪が少なくなるわけではない」だそうです。
{この逆で厳しい国は北朝鮮や中国でしょうかねえ}
{日本を北朝鮮のような厳しい「右翼国」にしたくないです。}

 これだけでもすごいのにまだあります。ここで更生が認められたら開放刑務所に移ります。なんと高層マンションの1階です。そこからお仕事や学校に通うんですよ!


 2005年に出所もしくは社会内命令受けたりした人の2年間の再犯率は約20パーセントです。北欧一低いそうです。この数値をどうみるのか人により違うでしょが・・。

 某国なら実刑なら刑務所で人権なんてありませんが、そもそも最初から刑務所に入れない制度もあるそうです。例えば町の清掃とかです。どっかの国でも自分のお店のハンバーグを貧しい人に無料で提供しなさいという温情?判決がでたそうです。



 日本でも保護観察の人に社会奉仕活動の法案が検討されているそうです。でもノルウェよりーだいぶ遅れている?日本では大変のようです。
以前書いた保護司が不足しているようです。これも以前書いたけど「右翼思考」で忌み嫌い排除したいという強い意識が社会にあるようです。いやがらせも問題になるでしょう。

 日本でこういう刑務所があれば入りたくてそれ目的に窃盗とかする人続出かも?現状でも刑務所に行きたくて(消極的理由)犯罪犯す人達が少なくないようです。


 ノルウェーは過去に厳罰の時代もあったそうですが、今ではここまで進化したようです。


  
外れますが日本では普通に行われる拘束(患者さんが動けないように手足を縛りつける)が患者の命守る・そこまでかかりきりにするのは困難などの理由から行われています。でもこれらの国では博物館行きになっています。

 科学技術・伝統技術・文化先進国でありつづけてほしいと思うとともにおくれている人権も先進国になってほしいです。「右翼思考」で逆行だけはごめんこうむりたいです。


悪い人でも http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-12-30
風に刻む http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-10-15寛容になる物語
強制・監視社会 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-07-25道徳・秩序怖い
スウェーデン http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-06-29-1
裁けますか?2 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-05-20-1
後味 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-05-17後味わるいドラマ

nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 1

ayu15


shiraさん
takemoviesさん
PENGUINGさん

ありがとうございます。否定しあう・奪い合う・排除しあうのでなく共に生きたいです。
by ayu15 (2010-12-05 20:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0