So-net無料ブログ作成

レミングの群れにならない [社会問題]

   life---生まれてきて良かったと感じられる社会に
--苦悩の狭間-- ☆  一人一人を大切にして見捨てない社会に。みんなが自分らしく生きれますように♪

2007年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-27
2008年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-28
2009年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-02-22
2010年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-02-01
初めての方は、コメントくださる前にまず、はじめましてをごらんくださいね。
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35382141-1





以前コロシアム社会というのを書いたんですが、覚えている人なんていないですよね~。
[あせあせ(飛び散る汗)]


 

 うちがよくつかう「レミングの群れ」現象ですが、これはなんかのお話のタイトルだったような?

「けしからん」と誰かの価値観??で批判されると空気が出来上がりみんなで寄ってたかって批判し始めます。自己弁護なんて聞いてもらえないしゆるされません。自己批判を要求されます。
怒りにあふれた群衆にやがて虐殺されていきます。
こういうお話です。




 多分もし誰かが弁護でもしようものならその人も攻撃対象になるのかも???
空気ができ複数でいじめる・なにもせず傍観する周囲などお話ほど極端じゃないけど、現実に起きているようです。
事件でも被告の弁護に耳傾けない・弁護団非難(注・技術的批判でなく。攻撃的批判)なども思いつきます。



 司法改革の目玉が裁判員制度でもう一つの大きいのが検察審査会の強化です。
よくなった部分もあるんでしょうけど、やはりきになるもやもやもあります。
先日の新聞の片隅に甲山事件当時の園長が亡くなられたという記事がありました。以前報道関連でとりあげた事件です。
あたかも犯人かの如く報道??され社会的におもわれた被告だった人にお話しきいたんですが、逮捕されると身体検査と称して複数の人前でひとり丸裸にされるそうです。これですっかり精神的に参ってしまい誘導されて供述しちゃうそうです。
{裸にする検査は性的嫌がらせですが!}
この時の容疑者のアリバイ証言した上司です。容疑者が有罪とされたためこの園長は偽証罪に問われて二重の冤罪生んだようです。 本当のこと言って証言したのに逮捕されたのではたまったものではないですねえ・・・。

 足利事件などでも冤罪問題がでています。人は残念ながら完全な裁判はできないように思えるんです。もし冤罪だったら?? うちなら心情的にはうちをはずかしめた追い詰めた連中を同じ目に会わせないと気が済まないでしょう。
{それで解決はしないんですが・・・}

 警察・検察は批判を浴びますが、ちゃんと充分な責任はとれていないでしょう。「すみませんでした」ではおさまりませんから。
報道機関にいたってはもっと問題??かかれる被疑者への配慮がちゃんとあるとは思えないです。もちろん被害者への配慮も不足なような。 責任充分とれる能力そのものがないのでは??そこで裁判員です。もし誤審だったら???絶対間違えずに正しい判断できる!なんていえますか?!
そして逮捕された人の個人情報ながしたりバッシングした人たちは難の責任も取らず反省もせず今度は検察バッシングする人も?
(注意・・・みんなではないし、責任とれとも言いません。)




 
 いきなり逮捕されておこる諸問題
丸裸にされ体しらべられた屈辱(これはやられた側からみたら性犯罪かも?)
名前、居住地・年齢など公表されてしまう被害(これは報道機関の責任も大きいです。報道機関はこの責任とれなさそう)
きめつけられた取り調べ
被告を犯人と思いこんだ人達の侮辱
その他やまほどでそうです。
第三者によるいやがらせなどの2次被害も大きいです。
(この第三者はなんの責任もとれないような?)


公的機関、大きい組織でもちゃんと責任とるのが容易でないのにに一市民では無理じゃないですか。
江川さんのブログにもありましたが、
「検察審査会によって、間違った起訴がなされた場合、いったい誰が責任をとり、誰がどのように謝罪するのか。」
ほんとこれはうちが気にしていたことです。裁判員制度続けるならこれをちゃんとしないと。

逮捕も取り調べも報道も世論も被告・逮捕された人への「人権制限」は少なくして守られるべき人権を考えませんか?
レミングの群れはなしの方向でね。








http://www.egawashoko.com/c006/000326.html


レミングの群れにならない
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-01-25

強制・監視社会
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-07-25道徳・秩序怖い

レミングの群れ?
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-05-08 集団狂気?

悪い人でも2 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-12-03ノルウェーの刑務所
灰色の虹 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-11-28-2書評より
一緒はやだなあ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-10-16右翼国家と死刑
いない人はどこから? http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-10-13
人の振り見て我が振り直せ3 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-10-10
警察は捜査機関 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-09-21 行き過ぎ
寛容さを失う http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-09-20世界的不寛容な右翼化
裁きの朝 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-09-07被害者遺族の刑務官
責任取れない大きさhttp://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-08-25警察と冤罪
憎しみの連鎖 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-08-15-1殺人事件と戦争
加害者も被害者も http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-03-07誹謗中傷はだめ!
コロシアム社会 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-02-20



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

ayu15


takemoviesさんありがとうございます。

by ayu15 (2011-01-28 13:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。