So-net無料ブログ作成

契約の自由3 [法律・制度]

ブログ仲間の hmさんが賃貸契約について書かれています。

世の中「約束守れ!」と消費者弱者に厳しい見方の声もネットでは目立ちます。具体例ではアメリカの住宅金融です。ちゃんと契約書にあるのに「知らなかった」という消費者に腹が立つ」と言うような声です。

 ものによっては契約書は分厚く読むのは大変です。しかも内容は難しいです。これを素人が理解しろと言う方がむちゃだと思うんですが。
  アメリカの例の契約書は原文みてませんが、別の契約で営業の人や会社のお客様センターにきいても向こうもわからないことが多々あります。
  契約の自由2http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-08-10


 金券というのがあります。デパートの商品券などがそうです。この」金券も一種の約束で契約でしょう。
商品と交換できる券とそれに見合う対価との交換契約といえるかも?
 わかりやすくすると友達へのお祝にデパートの券1万円をあげるとします。
あなたはデパートに1万円払います。デパートは1万円分の券をあなたに渡します。あなたはそれを友達にあげます。
デパートとあなたとのお約束ができたんです。


 ところがなんとまあ約束を反故していいという法律が始まりました。1万円で払い交換した券はただの紙切れになるんです。(注意・いまのとこデパートの商品券は反故されてません)
http://www.excite.co.jp/News/market/20110212/Moneyzine_193341.html

 なんでこういう時こそ「約束守れ」と叫ぶ人達がおこらないんでしょう?? 賃貸住宅問題3 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-09-27では賃貸住宅をめぐる裁判について書いていま す。裁判の論点と外野の論点?は微妙に違うような・・・。
訴状と判決文読んでないので裁判そのものはなんとも言えないはずとおもうんですが。


 
 弁護士の方のお話だと悪名高い?京都はいたちごっこらしいです。
更新料取らない代わりに更新事務手数料を2万円請求する会社もありました。 {これはぼったくりですよ!}
確かに事務経費はかかるでしょう。でもそれは利益を受ける会社が負担すべきものでしょう。
それに2万は高すぎ! 2万もかかるような事務仕事してるんですか?!そんな会社はおかしくないですか? とにかくあの手この手で取ろうとしているようです。
賃貸住宅問題http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2007-11-23-2


 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-02-03では契約更新してもらえない京都市です。更新されないと京都は滅亡??!

契約?の自由 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-08-30ではアイスクリームを1万円で買う契約をした例を取り上げています。


 一体、契約の自由て??
私たちの社会では大多数は自由社会の価値観でしょう。でも近年過激な市場原理主義や個の問題で責任というふうにシフトしてきたような・・・。それに合わせて過激な道徳・秩序など重視する排他的で個々の配慮好まない思想も目立つようです。

 概念?広い意味で労働も今や契約ぽぃ?昔は会社は共同体でしたが今では契約の関係ぽぃ?


 
 考えていくと一つのこのが頭にでます。契約は(法的)契約書がつきものでしょう。賃貸だろうが労働だろうが通常消費者でなく企業側?が作成します。

 賃貸なら不動産会社()一部は家主)・電気なら関西電力・東京電力などです。
家主はともかく企業なら契約文は慎重でしょう。露骨に消費者が不利だとお客が付かないでしょう。でも少なくとも自分達が不利な文は作らないでしょう。訴訟時のリスクヘッジも織り込むでしょう。
 例えば紛争になると管轄裁判所は企業側有利です。企業の本社など管理部門があるところです。
交通費はしない移動分です。でも消費者は遠方なら宿泊費まで負担する羽目になります。
どっかの記事に書いてますが、裁判も調停もえらいおかねと手間がかかるんです。10万以下なら泣き寝入りですよ!!! 挙句にネットで金目当てだ!なんて叩かれたら悲劇そのものです。


  通常消費者がとても不利といえるかも?
もちろん「雇用」でもどこかのプロスポーツ選手のように個別契約となると事情はかわりますが・・。
消費者でもアイスクリーム事件も事情が変わるようです。

 なぜ???
考えてみました。
1例えば賃貸だと契約書作成時に特定消費者がいないんです。だから一方的に作成されてしまうんです。お客さんがお店に行きさあ「借りるから・・」とぐたいてきになりその時初めて消費者側当事者がでるのかも??


2力関係
例外はあるようですが、おおむね組織である企業のほうが個人よりも力が強く対等でないようです。
もちろん企業間でも力関係は契約に大きい影響あたえるでしょう。

3選択
例えば電話なら主要なのは3社?選択が少なく3社の違い少なければ不本意な契約結ぶことに・・・。



2000年ごろから某巨人党機関紙・某日本共和党・ネット世論などで消費者保護より契約の自由優先という思想がちろほらみえるような。(巨人党は消費税増税で社会保障維持に鞍替えしたようですが」・・}

  契約の自由は消費者保護がなされてこそ生きるものなのかも??




http://www.excite.co.jp/News/market/20110212/Moneyzine_193341.html

訴訟http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-02-03
連帯保証人 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-09-19 
賃貸住宅問題3 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-09-27
賃貸住宅問題2 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-01-29-3 
賃貸住宅問題http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2007-11-23-2
契約の自由2http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-08-10
消費者保護 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-12-03-1
賃貸住宅問題3 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-09-27
契約?の自由 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-08-30取引価格設定

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

hm

契約しただろ!と言っても、契約する段階でフェアな条件でない場合、やっぱり契約通り、というだけでは、弱い者いじめになるのですね。

 ご紹介ありがとうございます。
by hm (2011-02-07 10:21) 

ayu15

そうですね。

後賃貸とかもう一方の当事者が不在の場合は契約書に消費者側みてくれてで公平な契約書になるような人がいたら双方が話し合い作成できるなあと思いました。
by ayu15 (2011-02-07 10:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0