So-net無料ブログ作成

フランケンシュタイン [おはなし]

    life---生まれてきて良かったと感じられる社会に
--苦悩の狭間-- ☆ 
一人一人を大切にして見捨てない社会に。みんなが自分らしく生きれますように♪

2007年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-27
2008年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-28
2009年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-02-22
2010年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-02-01
2011年日記リストはこちらをどうぞhttp://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-02-02



初めての方は、コメントくださる前にまず、はじめましてをごらんくださいね。
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35382141-1


 世の中残忍な事件起こると、犯人とされた人に被害者心情で「」殺せ殺せ」」の大合唱が起きたりすることも少なくんないようです。怒りの矛先は弁護士にも向き活動に支障きたしたり、ひどい場合は身の危険すらあることもあるようです。

 フランケンシュタインというドラマがありました。残忍な事件をめぐるお話です。

物語はある冒険にでた船が遭難者を救助したとこから始まります。
救助されたフランケンシュタインは自分の身に起きたことを話し始めます。


生み出すまでの経緯は省いて。

彼は人造人間を生み出しますが彼は怖くなり逃げ出してしまいます。

一人の子供が殺害されます。奉公人が残忍な殺人気をされ裁判にかけられ死刑になります。判事達は誰も彼女の言うことを信用しませんでした。

フランケンシュタインはこのおぞましい殺人鬼は奉公人でなく人造人間であると知ります。

こういうあらすじです。 


 被害にあい殺された子どもは本当にかわいそうです。悲しいです。[もうやだ~(悲しい顔)]

冤罪で「残忍な殺人鬼」とされ死刑になった奉公人もとてもかわいそうです。同時に怒りも感じます。悪いことしてないのに「正義」の名で殺されたんですよ!「あなたが悪い。私たちが正しい」でまな板の上の鯉状態の人」を殺しているんですよ!
 これはいままでなんども取り上げている正義の名で個々の人を迫害してされた方に「あなたが悪い」というこわ~ぃ思考です。ほんと殺人鬼とされて正義の名で殺された奉公人はかわいそうです。[もうやだ~(悲しい顔)]

 フランケンシュタインも自分のした科学の探求がおかしなほうに行ったのを苦しんでいます。[がく~(落胆した顔)]



 前半はおぞましい殺人鬼の人造人間のせいで犠牲者でているし、これからもでるのでは??とういう印象をあたえています。
これも問題かも?うちが気にする報道と受け手の問題です。今までなんどか取り上げています。


 多分この時点なら残忍な殺人犯指名手配ではでに報道されネットでは「殺せ!」という意見が流れとなり犯人の弁護的なこと書くと叩かれて同罪と言わんばかりに攻撃されかねないおそれも??

 



  ここでやっと人造人間が登場します。
彼の口からでたのは・・・


 彼は生まれてすぐ親代わりのフランケンシュタインに見捨てられたんです。だっては親代わりのフランケンシュタインは怖がって逃げたんですから。
彼の初期の反応とまどいなどまさしく人間の子どもだったのです。


 「ばけものだ!」と人は彼をみるなりいきなり銃で撃ってきます。人々はかれを忌み嫌います。
友達もなく家族もなく仲間もいません。無一文です。忌み嫌われるので働くこともできません。行政の福祉もないでしょう。(書類上存在してない?)

 それはあまりにも過酷な日々でした。
外見で人は彼を判断して彼の存在否定しているんです。


ある日とても善良そうな温かい家族を見つけました。数か月まち彼は家族の一人に接触しました。その人は目が見えないので外見で人を判断しないからです。
 彼は好感もたれたようです。孤独な彼にとってそれはとてもうれしい夢のようなできごとでしょう。ところが子どもらが帰ってきて彼を見るなり「化け物め!」と怒りをあらわにします。
そしてその家族はすぐ引っ越して彼の前から姿を消しました。


 これが想像できますか??友達や家族がいて困っていると助けてくれる、凹んだら慰めてくれるという人には別世界かも???孤独と必死に戦い、生きるすべもなく、陰にかくれておびえて暮らす生活。いつ「正義の名」で自分の存在否定され攻撃されるかわからないんです。[がく~(落胆した顔)]
 やっと出会えた人はいい人でしょう。社会的には彼らは評価され好かれるでしょう。
人は「多くはいい人ですよ!」というかも。でもそのいい人も特定の人には怖い存在になりえるんです。 人造人間には、いい人ではなかったんです。これはおおきな悲劇で辛さを倍増させるようです。[がく~(落胆した顔)]

 この彼は外見の問題から人として無条件にあるべきものが奪われています。奪う方が正義で奪われるほうが悪にされてしまっているようです。

 

 うちは、とても悲しいです。この孤独思うと辛いです。[もうやだ~(悲しい顔)]


 これは物語でしかも極端でしょうけど、こういうパターンは日常にもありそうです。多数で標準的立場にいると気がつかなかったりします。でも区別され避けられる立場になり「いい人達」による仲間はずれが辛く感じたりするかも

 物語に登場した段階では本当に恐ろしい怪物になってしまったようです。
 

うちを含めて人は外見に左右されてしまうかも?
家族の親は外見で判断できない人です。目からの情報がないぶん中身をみるようです。
外見で判断しないでちゃんと人をみれたらな~て。





誰もが生きれる社会になにができるの?と聞かれても明確に答えられないんです。ひとそれぞれもあるし・・・。


できることはお金だけじゃないんです。NPOでなくてもいいんです。福祉のお世話になる人にでもできるんです。
人々から否定され立場のない彼を温かい目でみれる・さらにこの物語の場合だと「同じ人間だよ!」この一言が本気で言えるというのは立派なおもいやりかも?[黒ハート]

道徳右翼宗教右翼より、温かいまなざし向けたほうがよくないですか?[ひらめき]



同じ女・同じ人間http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2007-08-26-1 
孤独問題 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-02-17健康リスク
ユニバーサルシティhttp://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-01-30
無縁社会の話 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-01-29マイケルさんコラム

手紙 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-05-23映画のお話、差別偏見問題
男女は違うけど・・・ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-05-09 男女の差
話をききましょうよ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-10-09傾聴
クリスマスを奪った男 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-12-25否定しないで
五体不満足 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-02-06
入学 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-08-02 やっとスタート地点当たり前の幸せ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-07-08 ドクさんお幸せに
体が入れ替わると http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-07-07 自分であること

nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 1

ayu15


yukinoさん
shiraさん
yuki-.-さん
ありがとうございます。
もし身近に愛が不足して孤独な人がいたらやさしく声掛けてくださるとうれしいです。
by ayu15 (2011-03-04 08:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0