So-net無料ブログ作成

ない!ない!ない! [暮らし]

     life---生まれてきて良かったと感じられる社会に
--苦悩の狭間-- ☆ 
一人一人を大切にして見捨てない社会に。みんなが自分らしく生きれますように♪

2007年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-27
2008年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-28
2009年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-02-22
2010年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-02-01
2011年日記リストはこちらをどうぞhttp://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-02-02




初めての方は、コメントくださる前にまず、はじめましてをごらんくださいね。
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35382141-1






 昨日お買い物に行くと


ない!ない!ない!

乾電池・懐中電灯・おこめ・ティシュ・トイレットペーパーなどなど。
町のお米屋さんも予想外だったようでパニック状態のようでした。

気の毒なので出直そうかとも思ったんですが、残りがそう多くないので、少し買うことにしました。この分じゃ明日ぐらい売り切れ??
トイレットペーパーはいつもなら山積みなのに見事に近所のお店はどこも売り切れです。少し在庫あるからうちはいいんですが・・。


 無理やり2つにわけると

1対応型
2平常型

としてみました。

1は
自粛です。野球の試合止めよう。式やめよう。飲み会もやめよう!などなど。
極端な言い方したら喪に服すように何もしないような?? 物資も買いに走ります。今回でいえばお米を多く買いに走るのもこのタイプです。言動が起きていることに対応するんです。

2は
自粛なんてしません。予定どうり行います。また「こんなときだから」と計画するのも自粛しないです。
平常なのであわてて買いだめにはしることもありません。日常のペースのままです。


以上うちが勝手に分析しちゃいました。
ただ実際の人はどちらかということでなく要因がいりまじるようですが。

いえるのはどちらもありということかも?
どちらもいい人かも?


知人が大変だと気分凹むし「そういう気分にならない」とか「被災地の人に申し訳ない」と思うのは自然な感情かも??

こんなときでも平常心うしなわず、できるだけ普段どおりに!というのもわかります。
被災してない自分達は元気でいなきゃ!元気なくなると支援の力も弱っちゃうとか。







 話とびますが、
うちが凹んでる時


「あゆちゃんどうしたの?」
「それは辛いよね」
「かわいそうに」
「私がついてるから」
「私も一緒だから」


こういう友達いたら幸せです。[揺れるハート]



「あゆちゃんここおいしいから連れてったげる」
「いいでしょ~」
わいわい
うちが暗い顔でも「空気読め!」なんていわず何も聞かずやさしくせっtしてくれて元気な友達

こういう友達いると幸せです。[揺れるハート]
 
  いろんな人がいていいかも。
うちを友達とおもってくれるその思いが大事だもの。






言わないと納得しない文化 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-03-18
支援 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-03-17地震
災害 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-03-13地震

nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 3

mayasophia

たしかに今回のことで多くの人が多くのことを考えているんでしょうね。

自分にできること。

また自分を守るためには。

どれも間違いじゃないけど、誰もが言える正解もないのでしょう。

ともかく道のりは長そうです。じっくりと腰を据えておかねば。
by mayasophia (2011-03-21 23:59) 

ayu15


mayasophiaさん
yukinoさん
takemoviesさん

ありがとうございます。

うちは1と2の両方の思いがあります。みなさんはどうです?

by ayu15 (2011-03-22 07:26) 

ayu15

shiraさんありがとうございます。
どう思われます?
by ayu15 (2011-03-23 11:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0