So-net無料ブログ作成

読売VS週刊現代 [報道]

  「義損金」 こういうタイトルが!
ん?なんのこと?

 孫社長が100億もの大金を寄付すると発表したのはまだ記憶に新しいところです。(うちには)
孫さんは日本有数の高額所得者でお金持ちかもしれません(推測)でも100億はかなり大金だと思います。
次大災害あってももう彼は100億も出せないと思うんです。


だからきっと真面目に考えたのでは??? 「義損金」・・というのは週刊現代の記事です。
いまだ入金もない!などなどです。

 それに対して読売はというと17日の記事でこういう風なこと書いています。
40億は復興支援財団でNPO支援
10億・・日赤
10億・・中央共同募金会
6億・・ユニセフなど震災遺児支援
10億ずつ・・岩手・宮城・福島
2億ずつ・・茨城・千葉


うちの記憶では発表の時は詳細はこれから決めるようなこと言ってたはず。



週刊現代と読売どちらを信用しますか?[どんっ(衝撃)]



ある教授いわく
週刊現代とサンケイは偏っている。

別のあるアメリカの大学の教授いわく
週刊現代はサンケイばかり読むからそんなことしか言えないのだ。(ネット右翼みたいなこという人に)



 で本題

もしあなたが孫さんならどう配分しますか??

うちなら個人の力で寄付はそうできないです。義捐金でお見舞いもいいことですが、やはり「事業?」や社会活動に配分したいです。気持ちあっても予算がない団体も多数あるようです。NPOといえども規模が大きくなると経営しなくては行けなくなりそうです。
 災害支援は平時と違い規模大きいNPOが力出せそうなので。





nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 1

ayu15




shiraさん
takemoviesさん
くらいふさん

ありがとうございます。

複数メディアの読むと食い違う書き方になったりするようですね。

by ayu15 (2011-05-30 09:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0