So-net無料ブログ作成

放射能は誰のもの? ・・プロメテウスの罠続編 [環境]

  
 life---生まれてきて良かったと感じられる社会に  
 -苦悩の狭間-- ☆ 


一人一人を大切にして見捨てない社会に。みんなが自分らしく生きれますように♪

2007年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-27
2008年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-28
2009年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-02-22
2010年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-02-01
2011年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-02-02




初めての方は、コメントくださる前にまず、はじめましてをごらんくださいね。
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35382141-1


 最大の被爆の犠牲 (被曝も被爆も原因の発生源は違うんですが)は広島長崎でしょう。
原爆では内部被曝は「なかったこと」にされたそうです。「愛国心」いうならこういうときになぜいわないの?
多くの日本人が内部被曝で苦しみ続けたのに。
もちろんアメリカの人たちは好きですが。

でもこれはテーマじゃないです。 この前放射能は誰のものを書きました。題材はプロメテウスの罠の無主物の責任の1です。
そこで問題にしたのが何々シーベルトは許容範囲か?ではなく、言い分です。考え方です。
東電は、自分たちが製造した放射能を漏らしたのに、「漏れたものはもう自分たちのものでないから除染責任はない」という風なことを裁判で主張したそうです。

 12月7日は無主物の14です。
浪江町から避難したある方はこう言ったそうです。
「誰のせいでこうなったんですか?あなたたちのせいなんですよ、といってやりたい」
むちゃもっとも。
被災者信条だ!なんていう人たちはどこにいったんでしょう?失言非難に労力咲く暇あればこちらの発言のほうが大事と思うんですが。

「将来私たちの体に何かあったとしてもこのまま被曝はなかったことにされるのでしょうか?」
これは被災者の一人の言葉だそうです。



 裁判では無主物責任の判断はしてないそうです。
文部科学省の基準毎時3.8マイクロシーベルトを下回っている。
子供は屋外で活動している。
営業に支障はない。

(年間33ミリシーベルトになるそうです)


え~~信じられないです。現実に支障きたしてるから訴えたんでしょ?これでは支障きたしてないのにきたしてるとうそついたといわんばかりじゃないですが!!
これはちょっと・・・。

会社側にとってこれは現実です。意見や解釈じゃないです。お客が へっているんです。キャンセル理由聞けばわかるでしょう。

体験している事実を否定されるのは悲しいものです。



 世の中基準以下だ騒ぐなという声が横行してます。
その逆に被災地に人にあっち行け!なんていう声も。

危険が確認できないとよく言われます。公害も薬害もこれで悲劇おきたこともあるのでは??


確認できないものは安全??


原発のこすかどうかはどちらもそれなりの理由があり選択の問題かも??でも

漏らしても法的責任ないなんて考え方をするようでは、とても怖くてまかせられません。


放射能は誰のもの?http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-11-25

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

Ladybird

 陪審員制度とか検察審査会というのは,その趣旨から言うと,それこそこういう場合に機能せねばならないのでしょうね.町工場から有害な化学物質が出たら犯罪扱いされることもあるのに,大規模に放射能をまき散らすのを犯罪として扱わないのは検察?
 なぜ犯罪として扱わないのか?という審査をするのが,本来の「検察審査会」の在り方かも.
by Ladybird (2011-12-09 02:16) 

ayu15

Ladybird さんありがとうございます。こういう事件こそ国民参加の法廷にしてもよさそうな。

大規模に放射能をまき散らしても基準以下と判断して被害はないなんてなんかおかしいと思えます。
by ayu15 (2011-12-09 10:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。