So-net無料ブログ作成

3つの教訓 [社会問題]

 あのジョンレノンさんの命日・太平洋戦争開戦とかニュースがでてます。
いろんな記事がでてますが・・。


プロメテウスの罠にもあるように原爆被害は解決したわけじゃないようです。


なぜこんな悲惨なことに??
多くの人が一度は思ったかも。

「誰かの責任だ!」「どこそこの国のせいだ!」とい論調は興味ありません。そんな白黒論理じゃないと思えます。

天使の赤紙でも被害者であり加害者びならざるを得ない必死に生きた当時の人が浮かび上がってきます。 仮称日の出新聞6日39面
連合艦隊司令官の原作者のコメントがでています。彼はリアルに戦争体験された方です。

「なぜ戦争に?
権力の強圧も背景にメディアは国策をひっぱりブーム作るよう踊らされ、国民が躍った。集団催眠によって国民の熱狂がはじまった。」
とありました。

 翌日の仮称巨人新聞7面

欧州に国家主義という記事です。右翼化する欧州社会はいくつかの記事で見かけます。



別記事では
今の中国は戦前日本と似ているという見解が書かれていました。
アメリカ基準への反発、なぜアメリカ式が正しくて日本式がだめなのか?という反発、愛国心・民族云々・・。
これは今の中国に見かけるそうです。


{似た者同士は反発しあうと誰かいっってたような}[あせあせ(飛び散る汗)]



さらに別記事
当時危機だったようです。

そこから3つの教訓があるそうです。


単純な解決を性急に求めない。
(戦前は政党迷走の果て軍部独裁
武断政治に活路。

異論唱える者に「非国民」のレッテル。
{今じゃ左翼とかアカとか社会主義とかレッテルはり封じ込め?}
{レッテル貼られると悪とされたたかれ迫害される}


相手の言い分に耳傾けない勇ましい議論。
{あら~どこかの知事・元知事や彼を正義という一部ファンのこと?}
{いるいるそういう人}

異なる見解封じ憎悪あおるナショナリズム。
{過去の話じゃなさそう・・[あせあせ(飛び散る汗)]


他者の視座でわが身見る。
視野の狭い外交論議(相手の立場説明できない)と戦中ジャーナリストの言葉。
{道徳叫び違いを許さないのはこわいです。ある宗教家いわく「バラバラで一緒」



インターネット時代で危機は瞬時に世界を駆け巡るそうです。同じドラマは起きなくても似たような過ちは起きるそうです。

戦前回帰は御免です。
nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 3

go9go2012

あのジョンレノンさんの命日・太平洋戦争開戦とかニュースがでてます。
いろんな記事がでてますが・・。

by go9go2012 (2011-12-09 15:09) 

sincos23

戦争を起こしたがる国民はいない。
だが日本人は戦争をしたがると思っているやつはいる。
by sincos23 (2011-12-10 21:36) 

ayu15

みなさんありがとうございます。
3つの教訓はどこえやらなんていうのがどこそこに・・。
by ayu15 (2011-12-14 17:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。