So-net無料ブログ作成

共に暮らすには [暮らし]

 みなさま新年明けましておめでとうございます。(西暦で暮らしている方)
 

 日頃つたないうちの日記読んでくださりありがとうございます。
なかにはちゃんと読んでコメントまでくださる奇特な方もおられてありがとうございます。



うちの日記は誤字脱字だらけで文もまとまりがありませんが、思いはあります。迷走して矛盾あるけどその向こうに思いはあるつもりです。それをうまく言葉にできないです。でもあえて書くと誰もが生きれる社会です。もちろん肉体が生きているというだけではありません。
この日記読んでくださる方全員はもちろんそうでない方も存在否定されることなく迫害されることなくそれなりに「生きれる」です。
 なんかうまく言葉にできません。ずっとうちの日記しっかり読んでくださっている方なら適当な言葉思いつくでしょうか?



 昨年の人気枠の月9の連ドラ(月曜21時のドラマ)に異色の私が恋愛できない理由というのがありました。(これについては昨年日記に書いてます)
このドラマは3人の女性が1軒の家をシェアーしたという設定です。
そのさらに前に書いた ラストフレンズもシェアーです。

 どういうわけか、3日の仮称巨人新聞はトップ記事です。前半のシェアーの内容とか省いて後半の内容ですが

震災後つながりもちたいという人が増えた。
匿名化進んだ。
個人情報が開示されない。
個人情報オープンにして信頼得る。
つながらないから隣人怖い。

まあこういう感じでした。
さすが巨人党機関紙といわれるだけあります。
シェアーハウスを自党の主義主張に持って行ってますねえ。


別に新しい発表でなく今日でなくてもいいニュースなんですがなぜか仮称日の出新聞も同日取り上げています。
巨人党機関紙はトップにもっていき主張展開してましたが、日の出新聞は30面の生活欄です。

多数決を選ばず
開き直らず。
誰かがストレスためると不幸な結果に終わるから
時間かかっても意見出し合い6~8割の妥協点さぐる。
お互いの距離感は違って当たり前。大切な人なら悲しませない程度に合わせる必要。

こういう感じでした。

政治的主義主張の巨人党機関紙に対し日の出新聞は生活として書いている印象です。


どちらを「評価」」したかはうちの日記読み続けてくださる方なら想像つきそうですね。[わーい(嬉しい顔)]



 これもとに考えてみました。

昨年1月書いたのが自分は自分のもの?というテーマです。そうあのマイケルさんです。
新自由主義は個人主義が強いそうです。能力で得たものは自分のものです。「なんでそれを他者に分けなくてはいけないのか?」となるそうです。
新自由主義(個人主義)では社会保障に消極的になるようです。ただし、自分でかけてその分自分に返ってくる社会保障は受け入れられるようです。

利他的でなく利己的方向らしいです。でもこれは個人単位なのでじゅうぶんな機会とか環境あれば努力次第で自己実現できるとも言われているようです。
もっとも機会も不平等だという指摘もあるようですが・・。

先日の新聞にもありましたが病院でまず保険は言っているか聞かれるそうです。入っていないと資産あること証明できないと治療受けれないことが・・。(新自由主義の国の話)



 人と暮らすとなると電気料金とかあらゆるところでもめる??元が・・。一番公平なのは新自由主義的生活でいくと各自にメーターつけて自分が使った分払うてことに。結局シェアーは新自由主義的生活スタイルでは大変そう・・。



  かたや新保守主義とかいうのがあるそうです。なんのことかうちにはよくわかんないんですが、まあ道徳右翼宗教右翼とかこの方向に思えます。
人を監視したがり、自由をわがままと感じる人たちみたいです。新自由主義は個人主義が強いのに対しこちらは集団主義的・全体主義的ぽぃ??



 共同体(宗派・国・民族・モラルとか形ないもの?}の維持・秩序重視で個々の人はそれを維持するためのもの??人権より共同体の秩序が大事なんでしょうねえ。



まあ新保守主義的生活ならとりあえずシェアーはできそうです。でも個々の人は共同体維持のためのものでしょう。空気読むのに神経すり減らしそうです。
規則で縛るのに抵抗少なく罰与えたがるようです。どういう規則化は死活問題かも?

もし多数決できめないなら少数派は必死の抵抗することも?なにせ死活問題になる恐れが・・。
もし多数決なら少数派は排除されるでしょう。
「あなたは仲間じゃない。あっっちいけ!」と存在否定されるかも??


なんか巨人党機関紙のほうはこちら方向の臭いがして不安です。
{サブプライムも原発もうちの臭いがするがあたってしまいました}

 同党が喜ばない個人情報保護は
通称本人確認法とセットだったそうです。これは悪法かも?当時子供心?ながら漠然と怖かった記憶があります。一部この法のせいで生きるのに妨げとなる人も。
個人情報を強制的に集めるので個人情報管理がより必要になったそうです。たぶん強制のため情報の価値があがった(漏れた被害が起きくなる)かも??強制的に情報求めるのはどこかの共産主義国か右翼国(新保守主義・全体主義とか)方向のような・・。{こわ~~~[がく~(落胆した顔)]


警察や弁護士会ですら もれるんですよ!!!個人情報開示なんて怖いです。最初から最少限度にすればいいのに。




 世の中新自由主義で個人主義推進して、行きすぎたといいそれを新保守主義で再構築しいうなんていう怖い学者??がいます。
{まじこわいよ~~~~[がく~(落胆した顔)]


異なる立場・違う生活スタイル・違う性格などの人が集まり共同生活する時どうします???
やはり妥協は必要かな~て。


自己犠牲でなく相手を尊重する。
(文中にある相手を悲しませない程度・・とか}
こういうのもいるかも。
あれこれ聞きだしねほりはほりなんてされたらとても共同生活は苦痛です。監視強化はどこかの旧東側の国みたいに息つまりそう。

私が恋愛できない理由で不倫がありましたが、言いたくなければうちは無理やり問い詰めたくないです。強制してきくのは全体主義新保守主義的思考だもの。

 相手を思いやるというのと無理に聞き出すのは違うはずですよね~。うちなら不倫という「個人情報」は守りたいです。偶然知っても知らないふりしそう。

それと規則だらけで束縛も違うような。監視強化厳罰化個人情報さらけ出しは本と不安。こんなとこならマジでシェアーなんかしないです。あなたはそんなシェアしたいですか?





相手を「存在否定」{うちの言う意味での}することなく弱っている仲間を見捨てずでも個々のスタイルはあり尊重されるていうのできたらいいですね。


新保守主義的生活で束縛魔も、新自由主義的生活で希薄で見捨てるのもうれしくないです。




私が恋愛できない理由http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-12-21
おかねで幸せかえます http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-09-10-1
ボンベイhttp://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-12-11
ともだちほしいなおおかみくん http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-06-08



自由主義VS新保守主義?http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-12-16
排外主義 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-10-09
寛容さを失う http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-09-20
自由があやうくなるかも http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-05-22 
怖い宗教右翼(原理主義?) http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-10-20
丸裸状態 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-10-14
強制・監視社会 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-07-25
迷惑って?3 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-02-08
クリスマスを奪った男 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-12-25


風に刻む http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-10-15


社会の健康 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-01-31
ユニバーサルシティhttp://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-01-30
無縁社会の話 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-01-29マイケルさんコラム
努力の対価?2 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-01-12
スポーツ努力の対価? http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-01-03政治哲学
土地は誰のもの? http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-01-02-1政治哲学
5対1   ・・・自己犠牲求める声http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-05-29
5対1http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-02-28 マイケルさん登場



自己決定 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-10-23 
特定の人も思いやる http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-11-30-1
二人の男性の叫びhttp://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-07-10
二人の女性の叫び http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-05-25
男性の尊厳 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-01-31
あってはならない事http://blog.so-net.ne.jp/life-ayu/2007-08-10
道徳       http://blog.so-net.ne.jp/life-ayu/2007-07-20
助けてもらえず棄てられた人   http://blog.so-net.ne.jp/life-ayu/2007-07-19
生きれるように  http://blog.so-net.ne.jp/life-ayu/2007-07-17
nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(1) 

nice! 7

コメント 4

こころ和み庵

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
幸多き一年になりますように☆彡
by こころ和み庵 (2012-01-05 11:40) 

ayu15

みなさんあけましておめでとうございます。
by ayu15 (2012-01-06 08:58) 

村野瀬玲奈

うちのブログへのコメントありがとうございました。返事できないことも多くてすみません。m(__)m でも、読ましていただいてます。今年もよろしくお願いします。

「ともに暮らす」というのは、結局、「どうやってお互いのエゴを調整するか」ということに尽きますね。そのためには、すべてのメンバーがどれだけお互いのエゴを調整しあうことができるかを全員が学んでいることが必要だと思います。

新自由主義は、「みんなが勝手なことをやれば自然にバランスがとれて落ち着くところに落ち着く」という考え方ですが、実際はうまくいきません。なぜなら、世の中には自分勝手な人ばかりいるわけではなくて、「最後まで自分勝手な人」がいる半面で、「自分が一歩引いてしまう人」が必ずいるからです。結局、得する人が一方的に得をして、損する人が一方的に損をすることになります。「自分が一歩引いてしまう人」に「お前も自分勝手になれ」と求めるのではなくて、「最後まで自分勝手な人」をどうやって抑えるかが文明の見せどころのはずだと思います。

それが、「相手を「存在否定」{うちの言う意味での}することなく弱っている仲間を見捨てずでも個々のスタイルはあり尊重される」ということですよね。
by 村野瀬玲奈 (2012-01-06 23:48) 

ayu15

村野瀬玲奈さんありがとうございます。
政治主義でなく生活の新自由主義はそれはそれでそういう生き方もありとうちは思うんです。

ただ「利益」なくなれば「はいさいなら」ではなんかさみしいです。

強制・詮索・排除の新保守主義的生活はうちには論外です。息が詰まりますもの。
by ayu15 (2012-01-07 20:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。