So-net無料ブログ作成

アメリカ大統領選 [世界]

 アメリカ(USA)では大統領予備選挙中です。
野党共和党が共和党の候補を決める選挙中です。


 今回は次々と1位が入れ替わり本命と言われる候補が撤退したり、消えるだろうという候補が票を伸ばしたり
していることでしょう。
勝者総取り方式も廃止になり得票数で決まるそうです。




 与党民主党の候補は現職のオバマ大統領です。
サブプライムで破綻した経済が十分回復していないと感じる人も多く支持率も苦戦だそうです。
現在野党が多数派で政策が実行できず(なんでも反対されるらしい)苦戦だそうです。

アメリカの格差は深刻で,もはや機会の平等はないとも言われています。
富裕層増税を打ち出す現職と,それに反対して社会保障削減求める野党。

いったいどうなるんでしょう???


米紙ワシントン・ポストとABCニュース(朝日放送じゃないですよ)が合同で行った世論調査では米軍最高司令官としての大統領の評価が高いそうです。

無人機を使ったテロ容疑者の掃討作戦については、回答者の83%が支持。
アフガニスタンからの米軍撤退計画は、78%が支持。
AFP http://www.afpbb.com/article/politics/2856556/8402357?blog=sonetより





 別報道では(先日の新聞、立野さんのチャールストンからより)
オバマ現大統領は,スキャンダルがほとんどない稀に見るクリーンな大統領だそうです。
家族の絆でも,おしどり夫婦でも,金銭面でも際立つそうです。
でも彼は保守派からみてリベラル派です。
なんか皮肉ですねえ。
道徳叫ぶ人たちは共和党に多いんですが
彼らの嫌うリベラル?の大統領が道徳的なんですから。






共和党がイラクとか近年は戦争熱心でした。治安維持、秩序がお好きで秩序のためなら拷問していいなんていう政治家も少なくないとか。それに賛同する市民も。
キューバ基地は無法地域で
法がないので残忍なことし放題だったそうです。前大統領はそれを「正義」と思ってたようで・・。
キューバ基地の拷問やめようと呼びかけたのはオバマ大統領だそうです。
これもなんか皮肉ぽぃ??




 共和党のサントラム候補は家族の価値を強調しています。
こてこての保守派と言われるようです。
この候補は自分らの道徳観こそ正義と考えほかの道徳観に攻撃的だそうです。
{こわ~~~~~~~~}
オバマ大統領が自らは道徳的でも他者に攻撃的でないのと違うようで。




 ギングリッジ候補もこてこての保守派と目されるそうです。
彼はクリスマスを奪った男として有名だそうです。
タカ派らしく過激なものいいもあるそうです。
当時のクリントン大統領の不倫追求しているとき自分もしていたというなんとも滑稽なことした実績あるそうです。
離婚歴も複数あり宗教右翼道徳右翼の支持は伸びないらしいです。


自分に道徳求めるオバマ大統領
他人に「道徳」求めるギングリッジ候補
自分と他人に求めるサントラム候補
というところでしょうか??



 ロムニー候補は資産200億ともいわれエリートと受け取られるそうです。
昔は共和党は北部に強い穏健政党だったらしいですが今では違うそうです。
北部エリートへの反感持つ有権者も少なくなくなかなか優位に立てないそうです。



読売26日社説では
一般教書演説でオバマ大統領は
続的成長と中間所得層の支援を最優先課題としたそうです。

格差が深刻化するなか富裕層に課税する政策ととりたいようですが野党の反対で法案通らないようです。
野党支持者に富裕のエリート嫌いもいるのに皮肉ですね。




 読売の1月31日にアメリカの中間所得層の老後が載ってました。
フロリダのビレッジズです。
移動にゴルフカート使え脚が弱っても大丈夫のようです。ゴルフ・テニス・ヨガと楽しめます。
{少ない年金・生活保護で貧乏な老後の日本よりよさそうかも??}

この生活ができるように(子や孫が)税率上げてもいい。
増税反対だ!社会保障削減。(小さい政府)
意見が分かれるようです。

お金持ちでなくごく普通の中間所得層が生演奏でダンスパーティ続ける。

これからどうなるのでしょう??




 朝日30日
妥協しない共和党とデフォルト回避のため屈辱的と嘆く?高官が出てました。共和党の強硬姿勢で政策が実行できず成果出せない大統領がみえます。
大統領は対決姿勢に転じ始めたようです。

論点は
1富裕層の増税
2金融危機に陥らないための規制です。
2については最近の日記にとり上げているのでどうぞ。

共和党は
富裕層の増税反対(富裕層減税してきた)
金融も自由化。規制反対。


自由経済は好況不況がきますよね。多分これは異論ほとんどないでしょう。
規制しないとまた大恐慌きますがそれを容認するのかしないのか?




アメリカのことはアメリカの人たちが決めるものでしょう。

でも世界大恐慌が世界中に深刻な被害もたらし最後に世界戦争になったこと忘れないで欲しいです。
サブプライムは戦争にはならなかったけどその処理にものすごいおかねと労力使ってますよね。
救済に反対したのも金融規制反対で不況容認の人が少なくないかも。

規制しないで不況になるの受け入れますか?規制受け入れ不況対策してほしいですか?




原子力も・おかねも公共性も考えてもよさそうに思えます。

道徳秩序強調して自由奪い規制監視いいながら
片方で自由化規制緩和で金融崩壊なんて迷惑な話かも。


nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 1

ayu15

みなさんありがとうございます。
外国のことですが、20世紀の世界大恐慌・21世紀の世界大恐慌(金融危機)もアメリカが引き起こしてしまいました。

大きい影響力があり望む望まないに関わらずアメリカの問題は世界に大きな影響与えてしまうようです。


by ayu15 (2012-02-14 09:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0