So-net無料ブログ作成

歴史の皮肉? [歴史]

アメリカでは


白人男性
高学歴高所得
科学の信頼性・保守的 な人が

ある人の研究では結果が出たそうです。 (どこのか忘れました[あせあせ(飛び散る汗)]
え??意味不明だよですって?

はい・・・うちも訳わかんない[あせあせ(飛び散る汗)]


でもほかのではちがうようで・・


まあ調査の内容で違う気が・・。


不安起こりやすさ酷さの3つを19項目
強度とかどの程度の被害とか
日本は女性の方が高いとか。
中国では男女差ないそうです。





どういうリスクをどの程度まで許容するのか 「人それぞれ」のようですね。





 なんか報道見てたらアメリカでは移民が犯罪起こすとか職奪うとかで移民に冷たいように見えちゃいます。どうなんでしょう??
 失業したりお仕事がなかなかなくて困っている人がいるんでしょうね。
気の毒です。

 報道で言うところの「保守派」は移民が悪いというのが当たり前?のように考えて移民排斥運動などするらしいです。
報道でも移民に賛否はあれど移民問題は時々みかけます。


 アメリカは政府介入嫌がる空気があるそうです。 歴史がそうさせるんでしょうか??
政府介入は自由奪われると感じちゃうんかしら??解雇の自由もあるんかしら??[あせあせ(飛び散る汗)]

でもなぜか移民には政府介入好むようで・・・。

 報道見てたら、こういう人たちは移民が増えてそれが脅威で自分らの利益が奪われるとすごく心配されているのかなあと思ったりも。
  大変で不安なのかもしれませんよね。




 ところがこんな記事が
http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20120518/232294/?mlp&rt=nocnt
 ピュー・ヒスパニック・センターによれば、1995~2000年の米国とメキシコの間の移民の流れは、米国からみて227万人の流入超だった。ところが2005~10年の期間については、逆に米国からみて2万人の流出超に転じているそうです。


2005~10年の移民は1995~2000年の約半分だそうです。

理由は
第1に金融危機だそうです。
第2に、米国の連邦・州政府の双方による不法移民の取締り強化だそうです。民主党のバラク・オバマ政権の下ですら、不法移民の摘発・本国送還数は、歴史的な高水準だそうです。

3 金融危機後のメキシコ経済は、米国経済よりも立ち直りが力強かったそうです。
4 医療保険の整備や教育水準の上昇などだそうです。
「保守派」は医療保険整備嫌いだそうですね。メキシコの方が医療保険が良くなると移民が大きく減ると期待するの??



もしそうなら、移民排他 的な考えの方は「人道上どうか」とか、「差別的だ!」とかの批判もあるようですが、そういうのなしに移民問題解決でしょうか。


 記事ではこうまとめられています。
以下記事より
米国と移民の関係は、これまでも大きな変化を経験してきた。振り返れば、1900年代初期の米国では、移民の9割近くが欧州系だった。人口に占める移民の割合も、むしろ当時の方が今よりも大きかった。「移民国家」として成立した米国は、いつまでもその姿を変え続ける宿命を背負っているのかもしれない。
以上






 ある人に言わすとアラモは自由アメリカの象徴の一つらしいです。(うちは知らない古い映画)
でもそれはアメリカの視点だそうです。



メキシコからみると
メキシコ領のテキサス地域に大勢のアメリカからの移民が押し寄せてきました
労働力不足もあり移民に寛容でどんどん受け入れました。
やがて移民が多数派となりました。
そして独立宣言してアメリカ連邦に加入表明しました。
怒ったメキシコとアメリカは戦争になりました。

こういう歴史だそうです。(メキシコ側)



 この子孫が保守派で移民排斥の一部??????
なんかねえ・・・。

移民排斥唱える人も移民の子孫なんですよね。
ネイティブの人に自分らが排斥の対象にされても賛成するんでしょうか?????
ネイティブの人たちに自分らの仕事うばうなと排斥されたらでていくんでしょうか??
移民社会のアメリカらしい苦悩かもしれませんね。








移民.JPG



データは日経BPからのです。詳しくはそちらに。
nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 1

ayu15


shiraさん
xml_xsさん
ナイスありがとうございます。


お仕事どころか土地あげくは命まで奪った移民の子孫が今度は自分らが奪われるのを問題にしてるのはなんか皮肉な感じが・・。

まあ別人だからそうなるのかも?

でも「保守派」??て通常個人でなく共同体で考えるようですよねえ・・。
by ayu15 (2012-05-30 09:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0