So-net無料ブログ作成

ザ・シミュレーション生活保護2030 [社会問題]

 
 life---生まれてきて良かったと感じられる社会に  
 


一人一人を大切にして見捨てない社会に。みんなが自分らしく生きれますように♪

2007年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-27
2008年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2008-03-28
2009年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-02-22
2010年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-02-01
2011年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-02-02
2012年日記リストはこちらをどうぞ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-01-21 


初めての方は、コメントくださる前にまず、はじめましてをごらんくださいね。
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35382141-1



報道では生活保護の不正受給がよく出てきますよね。
なんか不正受給はすご~~ぃ多くてかなりの金額の印象うけませんか?

でも実際は一部だそうです。
「なんか少年犯罪増えたから監視強化厳罰化で対応しよう~」なんていう人たちとにてますねえ・・・。
実際は増えてないのに・・。

 そういうの言い出すのがなぜが某党や某世論のようで・・・。[あせあせ(飛び散る汗)] こういう人たちが大騒ぎしてます。


「有名人で収入あるのになのに親を養わないなんて、けしからん!」
道徳心に富み(他者の)不正を憎む国民の怒りの声がネットでは溢れているようで・・。
少しでも有名人擁護と取れること書くと非難がくることも・・・。

「生活保護不正受給の徹底した取り締まりと、親族扶養義務の厳格化」と言い出しそうな某議員らがいますよねえ~。



 みんな誤解してるそうですが
扶養義務は基準のない倫理規定に過ぎないそうで、有名人は違反してないそうです。

ルールにないのに
「一定の年収がある人が3親等内の親族がいた場合、原則としてまず親族が扶養すべし」という自分の道徳観で悪者扱い???
だから悪者とできるようにルール化しちゃうの??


 ある大阪の政治家はいろんなるでしょうが「ルールはルールです」と言ってました。てことは「問題だ」という異論もっていてもルールに従ってるんだから構わないということに?

まず批判があり、それに合わせてルールの方をかえちゃうんですか??

どうもよくわかんないです。[あせあせ(飛び散る汗)]








ザ・シミュレーション生活保護2030というのがありました。


要点です。
{   }内がうちの感想やツッコミです。


 某政治家の主張
 「生活保護不正受給の徹底した取り締まりと、親族扶養義務の厳格化
「一定の年収がある人が3親等内の親族がいた場合、原則としてまず親族が扶養すべし」
という形で生活保護法改正

{某党が大好きそう}




 「あーすっきりした。これで寄生虫どもも一掃だね」と叩いていた人の喜びの声

{某世論の言いそうな}




 某世論の持論は
「テレビに出ているだけの芸人が、自分の何倍もの年収を貰えるのは許せない。まず親族が面倒をみろ。一族の家でも車でも売り払え。それでも無理なら、税金で面倒見てやってもいい。それが彼の持論である。」



 国際常識は
「成人に対して親族による扶養義務化だって? オゥ、ジャパンは相変わらずクレイジーだ」と外国の声
先進国で成人後の大人の扶養義務を国民に課している国は日本くらい
小さい政府・新自由主義の国でも成人に対して親族による扶養義務化なんてない。
まるで戦前に先祖返りするかのようなものだ。

{この人たち消費税の時は国際常識・国際基準いうようですが・・・。 }



 成人したら完全に個人として扱い、そのための原資は所得に応じてみんなで負担する。それが近代的社会保障の原則であり、他国はそうやって古い社会から開かれたオープンな社会へと進化してきた。









{国旗国歌は強制なんてしませんよと言ってたのにいつの間にか強制となり思い処罰まできましたよねえ。時代変わるとかわるものかも?      でこの法案も・・・。不安だわ~~~~~[あせあせ(飛び散る汗)]


 女性誌は堂々と「親族に生活保護受給者がいるオトコの見分け方!」という特集を組む。

{そりゃ家族に生活保護なんて出したらいちだいじで すからねえ。 }


 大企業も、社員の働きぶりに影響が出ることを恐れ、面接時に親族の生保受給者を調べるように。

{それはそうでしょう。企業だってそんな人雇いたくないかも? }



 結婚相手や求職者の身辺調査が一般的に・・。

{プライバシーなくなっていきそう[あせあせ(飛び散る汗)]
{余談ですが某議員や某人達はプライバシーが好きじゃないみたいです。広報 とか読むと情報晒したらいいなんて言い出しそうなことかいてましたよ。 こわ~~~ぃ[がく~(落胆した顔)]





 である日
「貴殿のお兄さんが生活保護を申請され、本人に生活能力がないと判断、今月から支給がスタートしました。つきましては唯一の3親等内親族である貴殿には、お兄さんの扶養経費の補助として、これから毎月10万円ほどを納付していただきます」
と役所が・・
 「子どもさんや兄弟はいらっしゃるんでしょう? でしたら、まずはそちらに相談してください
という強力な武器を、行政は惜しみなくフル活用です。



自殺するのは、常識のある人や気弱な人、そして子どもに迷惑はかけられないと思うごく普通の日本人。

{この社会では自殺者に冷たいようですね。大きな事故か殺人事件で殺されないと同情されないみたいです。[たらーっ(汗)]




お役所はこう言います。
「年収500万円以上の親族は扶養できない特別な理由が必要なのです。あなたは昨年度の年収600万円の正社員で、マンションの資産価値および預金残高からも、十分な扶養能力ありと判断した次第です」

財政危機が顕在化する中、自治体は裁量的に運用基準を引き下げていた

{すご~~~くありえるような・・}


 日本の年金制度はサラリーマンを中心に設計されているため、非正規雇用労働者が職にあぶれ出す50代以降、彼らの多くが生活保護に殺到するだろうという予想は、早くから多くの識者がしてきたことだ。だが、年金制度の一元化等、抜本的改革に反対する自民党が政権復帰したことで、この問題は放置された。

{某党は最低年金の保証もしないと言ってます。社会保障は基本自己責任と言ってます。}




{で肝心の不正受給は??}
不正受給率0.4%という数字自体は横ばいのままだ。当たり前の話だが、もともと収入のある親族がいたからといって生保受給するのは違法でも何でもないのだから、そこを締めあげて不正受給が減るわけがない。

{それはそうですよね。 不正じゃない人締め上げても労力が増えるだけていうか人件費かかるだけでしょうねえ・・・。 }




 もしこの子が将来フリーターになって、50代になって生活保護を申請したとしたら……。長男はその重みに耐えられるのだろうか。日本中で、貧乏が再生産されつつあった。
「これじゃあ、おちおち子育てもできないな。だいたい、生まれによって人生の選択肢が決まってしまう社会なんておかしいよ。国は親族に頼らなくても済むような新制度を早急に作るべきだ」
話を聞くだけだった嫁が、ぽつりとつぶやいた。

{日本中で、貧乏が再生産されていくようで・・。 }


{これじゃあ少子化促進ですねえ。消費落ち込みそうですねえ。
この人たちのお好きな成長どころか衰退ぽぃ??}


以上



記事からです。
{     }内がうちのコメントです。



なんか読んでいて某芸能人をよってたかって叩くことに怖いと感じてたことがさらに怖くなりました。
弱っている人に救いの手を差し伸べず
自己責任
権利言うな
義務だ
とかさらに追い詰める言うな声や空気なんて・・

耐え切れず自死されたかたに悲しむこともなく死者に鞭うつような冷たい声まで・・。

http://www.excite.co.jp/News/economy_clm/20120604/JCast_134359.html?_p=1










<年金訂正申し立て>第三者委、抑制を指示
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/pension_accounts/?1338929103


「消えた年金」の記録訂正と支給の可否を判断する総務省の「年金記録確認第三者委員会」が、加入者からの申立件数を抑えるよう指示する内部文書を作り、各地の年金事務所に通知してたそうです。







クローズアップ2012:扶養厳格化、現実の壁 疎遠の子、援助拒否も
http://mainichi.jp/opinion/news/20120606ddm003040069000c.html

以下記事より
かつて扶養義務が注目を集めたのが、北九州市で05、06年に相次いだ生活保護を求める男性2人の孤独死だ。電気や水道を止められた八幡東区の男性が保護を繰り返し求めたが、別の世帯で暮らす子供の援助を受けるよう求められた。福祉事務所とはトラブル続き。05年1月、借家で死亡しているのを花井さんが見つけた。門司区では別の男性が子供に伴われて福祉事務所の窓口を訪ね、事情があって近く援助が受けられなくなると訴えた。それでもなお親族からの支援を求められ、申請書ももらえないまま06年に亡くなった。
以上

この時、某党議員はこんなに大騒ぎしたでしょうか?今回騒ぐ某世論は??
「ルール守れ!首だ!」と騒ぐ某意見持つ人は?
これはどうみても憲法違反にみえるんですが・・・。


国民主権基本的人権のよほど憲法がお嫌いのようで・・。[がく~(落胆した顔)]




 お腹空かせて、具合悪くても病院にも行けない。そんな人を見捨てないことにムキになる方がず~~~~~~~~と大事だと思うんですが・・。


もちろんうちの日記読んでくださっているあなたもですよ。
あなたが何らかの要因で収入なくなり働けなくなった時、お腹空かせて、具合悪くても病院にも行けないなんていうのは悲しすぎます。[がく~(落胆した顔)]

たとえ日本がうまくいったとしてもあなたが失意のうちに孤独に飢えと病気で危険にさらされるのはうちは嫌です。[パンチ]








追記先日hmさんが取り上げられました。
以下そこから一部
{     }内がうちのコメントです。



生活保護法
(保護の補足性)
第四条  保護は、生活に困窮する者が、その利用し得る資産、能力その他あらゆるものを、その最低限度の生活の維持のために活用することを要件として行われる。
2  民法 (明治二十九年法律第八十九号)に定める扶養義務者の扶養及び他の法律に定める扶助は、すべてこの法律による保護に優先して行われるものとする。
3  前二項の規定は、急迫した事由がある場合に、必要な保護を行うことを妨げるものではない。

{これにこう解説されています。}

 第4条2項にあるように、確かに、生活保護に優先して、「扶養義務者の扶養」が行われるということが書かれています。
 ですので、基本的な考え方としては、やはり子が親に対する扶養をすることが生活保護よりも優先、ということになります。

{憲法は時代ににそぐわないという人がいますが、これももうそぐわないとか・・}




{ 「扶養義務者」の範囲についてこう書かれています。}

民法


(同居、協力及び扶助の義務)
第752条
夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。


(扶養義務者)
第877条
1.直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある。
2.家庭裁判所は、特別の事情があるときは、前項に規定する場合のほか、三親等内の親族間においても扶養の義務を負わせることができる。
3.前項の規定による審判があった後事情に変更を生じたときは、家庭裁判所は、その審判を取り消すことができる
 

{ これについてはこう解説されています}

どの程度の扶養をしなければならないのか?というのを分類すると次の通りです。

1 夫婦 と 未成熟の子に対する扶養

  これは、もっとも「強い扶養義務」です。
  つまり、自分と同レベルの生活ができるように援助する扶養義務があります。

2 1以外の直系血族及び兄弟姉妹

  これは1の場合と違います。
  少し考えれば分かりますが、自分が真面目に働いてある程度以上の生活を何とか維持しているとして、それよりは経済的に低い水準にある「既に成人した家族」がおれば、全て富を分かち合い同レベルの生活を送るようにしなければならないか?ということですが、そんな必要はありません。
  
  まず、自分と同居の家族がその社会的地位にふさわしい生活を成り立たせた上で、なおも余裕があるのならば、直系血族(祖父母、親や子、孫)や兄弟姉妹が、健康で文化的な最低限度の生活(憲法25条)を送れるように援助するという義務があるとされています。


{なるほど~、じゃあ上記のシミュレーションのようなことは違反状態ですよね。
もちろん憲法違反ですが。}


家族の「縛り」をどこまで法で強制するか?
家族の「縛り」をどこまで法で強制するか?

以上



なんかさらに怖くなってきました。
パッシングには人権という言葉が好きでない人が少なくないような・・・。
個々の尊厳を重視しない人が少なくないような・・・。

家族てうちだって大事です。すごく大事です。
でも「大事=家族で」でしょうか??

介護とか家族でおさまると共倒れになりことがあるようです。生活保護もなんかそうなりそうな・・・。

2000年頃から自己責任が流行りだし、それを個人主義という人達がいます。

その反面「個人主義でバラバラだ!」と「集団主義」を言い出したり。結構こういうの目立つんですよねえ・・。
{ようわからん話だわ[あせあせ(飛び散る汗)]

生活保護になると急に「集団主義」が消えるようで・・[あせあせ(飛び散る汗)]

私たちには不充分なところはあるかもしれませんが、当時最先端?の憲法があります。
この日記をよんでくださるあなたやあなたの家族・友人にも
個々の尊重があります。
最低限の生活が保障されています。
これには但し書きはなくすべての国民だと理解してます。


あなたが
その存在否定される。
空腹で飢えてもおにぎりも買えない。
怪我や病気でもお薬が変えない。
病院に行けない。
学校に行けない。
社会参加ができない。
などは

絶対あってはならないはずです。


縁あって(というか奇跡?)同じ時代に同じ日本で生きている仲間です。みんな共に生きれますように。



所持金852円でも、生活保護を受給できない http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-05-09
見捨てないでね http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-05-30-1


生きれますように http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-06-06
レジにて・・レジは慎重に急ぐ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-05-24
売れ残りのジャガイモ  http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-05-22

報酬分配と負の報酬の分配  http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-05-20
胸のある男性と胸のない女性  http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-05-14
人並みにチャンスを   http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-05-11






追記

法学館憲法研究所
http://www.jicl.jp/urabe/backnumber/20120607.html
以下記事より

「一般に公的扶助と私法的扶養との関係については、これを関係づける方法に三つの型がある。第一の型は、私法的扶養によってカバーされる領域を公的扶助の関与外に置き、前者の履行を刑罰によって担保しようとするものである。第二の型は、私法的扶養によって扶養を受け得る筈の条件のある者に公的扶助を受ける資格を与えないものである。第三の型は、公的扶助に優先して私法的扶養が事実上行われることを期待しつつも、これを成法上の問題とすることなく、単に事実上扶養が行われたときにこれを被扶養者の収入として取り扱うものである。而して、先進国の制度は、概ねこの配列の順序で段階的に発展してきているが、旧法(引用注=1946年法)は第二の類型に、新法(引用注=1950年現行法)は第三の類型に属するものとみることができるであろう。」
以上

つまりバッシングの一旦担う某議員は戦前回帰思想ということに。
逆行させる考え方なんですね。





消費しない税http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-06-24



我が家の財政問題http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-07-05
名文 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-06-30
消費しない税 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-06-24
AKBで盛り上がる http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-06-21

原因か結果かどちら??http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-06-19
ルールはルールだと誰かさんが http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-06-16
再稼働 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-06-12

ザ・シミュレーション生活保護2030 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-06-08
売れ残りのジャガイモ  http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-05-22
報酬分配と負の報酬の分配  http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-05-20

所持金852円でも、生活保護を受給..  http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-05-09
究極の選択・・・雇用編 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-03-25
安い保管料?それとも不良債権? http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-03-10





人の振り見て我がふりなおせ・・・・道徳・思想編 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-03-07-1
人の振り見て我がふりなおせ・・・・イラン編 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-03-07
究極の選択・・・独裁者より怖いもの http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-06-05

http://www.news-postseven.com/archives/20120628_124886.html
nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(2) 

nice! 8

コメント 6

nobu

親族に扶養の義務があるのであれば、借金まみれの日本国の国民にも借金返済を義務付け、生活に余裕のある高額所得者に日本国の借金返済義務を課したらどうでしょう?
by nobu (2012-06-09 09:37) 

株投資の入門

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
by 株投資の入門 (2012-06-09 14:44) 

vivian

難しい問題ですね・・・
根本的に、生活保護の水準が最低水準と考えたら
不正自給ばかりを言う前に、国民年金のみの方々や最低賃金で
フルタイム働く人のほうが所得が低い世の中と言う事から
立て直さないとと私は思います。
それでも所得は削られ、税金や電気代は上がるみたいですから・・・
何を言ってもダメダメです。
by vivian (2012-06-09 14:49) 

ayu15

nobu さんありがとうございます。
今の経済はうちの理解こえていて訳わかんないです。通貨発行より市場の合計額がずっと多いそうです。(以前書いてます)

借金といわれても家計の借金と国や社会の借金は違うような・・。


by ayu15 (2012-06-18 13:09) 

ayu15

株投資の入門 さんありがとうございます。

有識者の方はあれこれ難しい理論と論拠をゆくいうようで・・。
政治家の方は某団体と仲良し?


うちはそういうのわかんないです。
みなさんがもし何らかの要因で働けなくなったとか困窮したときに
お腹空かせて住むところもなく、病気やケガでもお薬も買えない、病院にも行けないという事態だけはたとえ一人でもいやです!。
by ayu15 (2012-06-18 13:13) 

ayu15

vivian さんありがとうございます。確かに働いても生活保護以下てありますよね。

以前書いたんですが世界ではお金がありあまり使い切れず投機マネーなどで金融危機や価格高騰起こしているらしいです。

なんかうまく循環してないような・・。

みなさんが困窮しても支援がないというのだけは避けたいです。
by ayu15 (2012-06-18 13:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2