So-net無料ブログ作成

受け皿ないのは罪なの? [人権]

 7月31日読売新聞36面に裁判の記事がありました。

要点を感想抜きで並べると



大阪地裁の判決 で
自宅を訪ねてきた姉を殺害したとして殺人罪に問われた裁判です。

検察はアスペルガー症候群であると認めつつも責任能力ありと判断し懲役16年を求刑しました。
弁護側は犯行には障害が影響したとして執行猶予求めました。

姉(被害者)は引きこもった被告を30年支援してきています。

こういう裁判です。
詳しくはわかりません。

で判決は懲役20年です。

その理由は「障害抱えた人に社会に受け皿がないから!」です。

ここで問題となるのは

1 受け皿ないのを理由に刑を重くしていいの?
2受け皿ないのは被告の罪???
3被告に責任ない部分で刑を重い方に考慮てあり?
4法理念憲法精神からみてどうなのでしょう・・・。

この4点です。


 で
以下はうちの思うことです。
いろんな事件で見れるんですが
某党某世論の自己責任主義と家族主義です。
中国のように「家族でなんとかしなさい」という考え方です。
個人的にそういう考えなのはありでしょう。でも社会的には???
そう生活保護シミュレーションのところ参考にどうぞ。




憶測だらけですが
姉(被害者)が30年ほど弟(加害者)を支援してきたそうです。
ここが気になります。
社会的支援はちゃんとあったんでしょうか??
自己責任論が世論にも政治にも多いようですからあまり期待できなさそうです。家族が献身的に支えてきたと思えるんです。

 これが背景にあるように思えてなりません。
つまり自己責任でなく社会的支援・公的支援も充分あればこの事件は防げたかも??という気分なんです。


 人により事情が違うので、家族支援・知人支援・地域支援・社会的なNPOなどの支援・そして資金のある公的支援が揃うのがいいと思うんです。

 人はいろんな状態で生まれてくるし、なったりします。

障害を不幸にして抱えてしまった人の受け入れ態勢がないのはその人の責任とは思えないです。
受け入れ態勢ないのは罪ではないでしょう!

受け入れ態勢ないことを理由に罪を重くするのは法理念・憲法理念にそぐわないと思うんですが・・。



 うちの理念は共に生きるです。
誰もが排除されず存在否定されず生きれることです。
誰もが誰かに支援されながら誰かを支援していけたらと思うんです。障害あるから「隔離して社会に入れない」はこれに反します。


なんか被害者指数と加害者指数と天秤にかける発想
などが見えてしまいます。


障害があり問題抱えているなら必要なのは障害自体を罪にして刑を上乗せすることでなく治療や支援だと思うんですが。



そう、事件起きてからでなく、30年前から治療や支援がなされていたら悲劇は防げたかも??

 献身的に30年もの間支援してきた弟に殺されてしまい
その弟が障害を理由に刑を上乗せされ治療も受けれないという状態を天国でどう感じておられるのでしょう?

ひとのことなのでわかりませんが、あなたがお姉さんの立場ならどう感じますか?
nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 1

ayu15

みなさんナイスありがとうございます。
受け皿なければ罪をおもくしていいというのはおかしいようにおもえるんですが・・。
by ayu15 (2012-08-18 08:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0