So-net無料ブログ作成

情報のひとり歩き・・・柔道編 [社会問題]

 いつも読んでくださる方はお気づきかもしれませんが

自然人(個人)で私人に対しては原則匿名です。例えメディアにのっていても。
 うちなりの書かれる人への配慮なんです。


 先日アルジェリアで悲しい事件がありました。テロリストにより多くの方が犠牲になりました。
戦ったわけでなくですよ。


 柔道界も体罰問題が表面化して論争になっています。


この両者に共通するのが個人情報である(個人特定する)実名を本人の同意なしにさらすことの議論です。


すごく不安感じます。 読売新聞2月10日29面に
JOCの理事の方の一人のコメントがでていました。

以下記事より関係する要点
ヒアリング担当の某理事が「プライバシーを守ってもらいながらヒアリングしてもらいたいというのはいいことでない」
選手の一人「誰信じていいのかわからない」と実名明らかにされるかもしれないことへの不安。



 ネット上では差別偏見・誹謗中傷・などこころない書き込みがあちこちにあります。
社会問題など扱うとそういう人たちがうようよと・・[がく~(落胆した顔)]

先日書いた「一人の男性の悲しい死」でもネット上で彼に対する差別偏見・誹謗中傷であふれていました。彼は何も悪いことはしていません。障がい抱えながらも懸命に生きてきたんでしょう。

 一度さらされるとネットに残り心ない保守的??右翼的???な人達にいじめられます。この人たちには罪悪感はないようで叩いてる相手を「悪い」と思っているようです。

これはバーチャルではないと思います。ネットの向こうでこういうこと書き込んでいるのは生身の人間なんですから。




アルジェリアでもグァム島でも柔道でも
「実名公開すべき」と 当事者でなく第三者が強引に要求する問題が気になります。

本人が希望する場合問題はありませんが大問題なのは本人が嫌がる場合です。
嫌がる本人を無視してまでさらす正義なんてあるんでしょうか??
さらされた本人の人生を責任持てるんですか?!!!
公開すべきという意見は人権無視にみえますが・・・。
一般論では両方にそれなりに一理あるかもしれません。でもうちが問題にするのは個人が受ける大きな苦痛です。一般論でいいことだからと個人を犠牲にしていいんでしょうか??
そうあの5対1の話になります。


この柔道の場合、もしさらされるのいやなら
「やられても泣き寝入りしなさい」というのと同等だからです。


仮に例え一人でも絶対いやという人がいたとします。
セクハラ・パワハラ・いじめ・体罰などの被害にあったとします。

個人的価値観は人それぞれなので実名公開でさらされることが著しく苦痛なら、訴えることもできず泣き寝入りになります。
すご~~く問題です。
どのマスコミ記事も一般論で「正義」ならべていて個人の苦痛を無視するので不安です。



公開がいけないのでなく同意ないのが問題なんです。

 あなたはどうしてもあなたがあなた自身のことで嫌なものを、社会が「正義」でうばうことに納得しますか???
「論拠」もちだして第三者があなた抜きで議論して「正しい」と一般論で決めたことがあなたにとってあなたの人生に大きい影響与え苦痛感じる時」どうでしょう??一般的に正しいから自分が犠牲になるのは構わないと思いますか??
人に犠牲を要求しますか???

そうそこのとこよ~~~く考えてほしいんですよ。




 ただし限定された内部でならと思います。
相手にも配慮がいるからです。
問題が起きた時もしあなたが訴えられたら?
相手が誰かもわからないと申し開きもできないでしょう。誤解行き違いあっても申し開きもできなくなります。一方的に非難浴びることに・・。


実名公開はこれらの事件に限らずいろんなところで必ず本人の同意得てほしいです。慎重にお願いしたいです。
今の時代はおかねだけでなく、情報も独り歩きしているように思えます
だから個人情報収集と提供は慎重でなくてはいけないし最低限にしてほしいです




情報の一人歩き・・・情報に人生が狂う http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2012-10-20

5対1http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-02-28
人が信じられない(美咲NO1) http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-03-10
5対1   ・・・自己犠牲求める声http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-05-29
5対1   神社編http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-06-13
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0