So-net無料ブログ作成

契約の自由・・・舞台中止騒動事件 [社会問題]

 life---生まれてきて良かったと感じられる社会に  
 

個々の人格・アイデンティティなどが尊重されますように♪
一人一人を大切にして見捨てない社会に。
みんなが自分らしく生きれますように♪

日記リストhttp://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/archive/c35386510-1

1111回目の日記です。

 おなじみの契約の自由シリーズです。{え?知らないって?[ダッシュ(走り出すさま)]

今回は舞台中止騒動事件です。



新聞では片隅記事ですが
ネットではえらい騒ぎ?の事件です。

舞台中止騒動事件です。http://chikai.tact-be.com/gaiyou.html



結果的に舞台は中止で多額の損害が出ました。
その原因と損害賠償を主催者は主演の土屋さんに求めています。
今のところ知る(事実はともかく報道された情報) で見ていきます。



まず経緯 です。
原作者がいろいろ書かれていますのでそれに沿って
http://ameblo.jp/sakura-smile-for-you/entry-11582675117.html

{    }内はうちの突っ込みです。


☆主催者と原作者の出会い?

「一年半ほど前に、私が多摩センターで路上ライブをしていた時 、元担当が私の元に監督を連れて来て、"今後何か協力して下さるかもしれないから、ご挨拶して。"と言いました。
私はただ、自己紹介と今後何かありましたらよろしくお願いします。と言いました。」



主催者側言い分
「許可を取った」と言っているようでした。
それがこの業界では許可した事になるのだ。

{業界の「常識」でいく手慣れた主催者と無知な原作者という構図?}


原作者側言い分
「私は何度も、それでは許可にならない。と・・・」


{「常識」で許可取ったと受け取る主催者。 でもその「常識」が通じないため許可していない原作者}



☆不快発言
監督は"そんなに許可と言うのなら、別に貴女でなくとも、障がい者はたくさん世の中にいる。違う人に頼んでも良いんだよ!"とおっしゃいました。
原作とは内容が多少異なるため、そんなに許可と騒がなくてもいい、と言う事を言われました。

{これは心証悪いですね}
{トラブルなら中止でなく延期で他の人を頼めばいいじゃないの!?}


☆許可について
一応元担当が、監督を宥め、今度近いうちに舞台の台本を私に見せ、そこで舞台化の許可を正式にして欲しいと言う事になりました。

{つまり口約束状態}



☆パーティーについて・・主演の土屋さんと原作者の出会い

いくら待っても台本は届かず、1ヶ月以上が経ち、突然7月16日のプレミアムライブ「舞台の成功をみんなで祝うパーティー」の案内が届きました。
行けば監督に会えると思い、参加する事にしました。


土屋さんはとても親しくしてくださり、"舞台の台本を見ましたか?貴女は本当にこの内容で許可を出したの?"と聞いてくださいました。


監督に"濱田さんが納得出来るものにしてください。"と掛け合ってくださったのです。
また"原作者が納得し、許可した舞台でないのなら、出演出来ません"と伝えたそうです。

{主演の方は台本読んで違和感を感じたんでしょうか。}



☆同意書
私の所にはただ一枚の舞台の同意書のみを送りつけ、台本も詳しい内容説明もない状態で、毎日のように同意書にサインするように、と言う内容の電話ばかりかけて来ました。


許可はしたくないと感じ、私の作品を原作と書かず、全くのオリジナルとしてやって頂きたいという意向を伝えようとしていました。

{  つまり同意書はないのと同じですよね。サインないということは許可していないということ。でも契約書は???}





☆主催者側言い分
https://www.facebook.com/tomoaki.kai.73/posts/305017869644143



代理人がいて光文社と舞台化の報告に行ったさいに 承諾を得て進めて来ました。

原作ではなく原案であることも伝えました 再現ドラマではないことも説明しました土屋側にも伝えてあります

{なぜ原案にこだわるの?原作者は「名前出さずオリジナルとしてやってください」と言っています。著作権問題クリアーできますけど・・}







土屋が稽古に 来なくなった時には 代理人から土屋の事務所に電話も入れて 貰らって舞台を頑張って欲しいとのむねを土屋側に言って貰いました代理人が立つということは
全て代理人を通して行うのが通常で その代理人の承認は濱田朝美の承認なのです


{代理人がそういったのはどの時点で? 原作者の意向考えて修正した舞台で「頑張って」というのかもしれませんよ。}







最大の争点は契約があったのかでしょうね。

大きなお金が動く以上口約束だけじゃ済まないでしょう。

原作者は同意していないと主張
主催者は代理人と契約したようにとれる主張(契約書交わしたと書いてないので)

{サインのある契約書あれば「ある」と言ってるでしょうにねえ。言わないのはなぜ?}


同意書につて主催者はどうなのか?





原作者と主催者が法的トラブル起きている舞台で主演が休むことは法的には??
{道義的にはすごくもっともと思えますが・・}



原作者と主催者側のトラブルは両当事者の問題?(法的に)


主催者側は主演は正当な理由なく無断欠勤と主張。
再三トラブルのことをいい改善求めてきたし、改善されなければ出られないと伝えてきたと主張。
{つまり無断ではありません。}

これも両者全面的に食い違ってます。








「日本一ヘタな歌手」のトラブルを著作権の観点から考える
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ohmototakashi/20130730-00026866/



まず最初のコンタクトは
以下記事より
「著作者の今後全ての著作物の「上演権」を譲渡したとみなすような捉え方であり、両社の認識の不一致から、民法第95条、 「錯誤に基づく契約」となり無効であると主張することが出来るだろう」



第95条(錯誤)

意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、無効とする。ただし、表意者に重大な過失があったときは、表意者は、自らその無効を主張することができない。
以上


法的には契約とみなされない可能性も。



主催者側は原案と言っています。

以下記事より
舞台側が「原作」とせず「原案」としているのは、濱田朝美さんが同意書にサインしなかったからではないかと推測される。
以上

同意書にサインはなかった可能性もありえるようですね。



原案だと原作者の立場はあまりないみたいです。
以下記事より
最後に対抗出来る手段としては、二次的著作物の利用権と氏名表示権による、原作名、著作名の表記削除であろう。これを主張すれば著作権者の同意無しに「まるで原作者の許可を得た原作物の舞台化であるようなプロモーション」は行えなくなる。 以上

{原案といいだした主催者側は「許可を得た」という理屈があやしくなりませんか?}



原作者の立場は弱いようです。
記事より
メディアの世界とは「夢」を売る世界であり、印税や契約等、経験の浅い著者の弱みに付け込んだ契約を結ばされるケースは少なくないのではないかと・・・
以上



だから弱い原作者をかばって主演者があこまで頑張ったという可能性も。





事実は当事者にしかわかりません。
ただの憶測ですが・・。

1 契約したのか?(していない可能性も)

2 同意書にサインあるのか?

3原作を原案に変更したのか?
(つまり同意得られてないから変更したとなると主催者に問題も)

4代理人が契約できるのか?
(多分交渉はできても最後のサインは本人だと思いますが・・)

5法的問題かかえた舞台にでなくてはいけないのか?

6原作か原案か?

7なぜオリジナル(作者がオリジナルと認めた)でなくあえて原案にするのか?

8代理人の権限は?

9代理人はいつからどの程度関与?

10代理人は依頼人の「利益」、心情を大事にしていたのか?

これらの疑問が出てきます。





業界になれた主催者(グレーな世界も見てきた)
こういう世界あまり知らない原作者


この違いが悲劇を産んで 、それを見かねた主演が弱くなにもできない原作者に代わり主張した。

こんな風にも見えます。





記事よりhttp://bylines.news.yahoo.co.jp/ohmototakashi/20130730-00026866/
原作者の濱田朝美さんが本件で苦しみ、その件に共感し舞台を降りた土屋アンナさんが責められているのは心苦しい。

舞台主催側も当事者間で誤解を与えてしまっているだけだとしたら、著作者の持つ権利を明確に伝えた上で、協議してあげて頂け無いだろうか。

本件が長引き、原作のイメージが崩れていくとしたら、もっとも悲しい気持ちになるのは、原作を読み感動した大勢の読書なのだから。
以上



最後に考察でなく心情


法的はどうか知りませんが弱い立場の原作者をかばい(原作者信じて)懸命にがんばった主演者はえらいと思います。人を信じて立場弱い人をいたわるし・・。



力があり知識も交渉力もあるほうが、相手のことも配慮して商談をまとめてほしいです。



「ただ芝居がしたいだけ・・・」そんな声もありますが
それはちょっと・・・


誰か立場の弱い個人をとても傷つけるお芝居は嫌です。
みんなはどうですか?



お芝居を人を傷つける道具になんてしてほしくないです。




大好きなお芝居、いい役者さんならなおさらです。


そこんとこ関係者のみなさまはしっかりと心にとめてほしいです。








契約の自由は自由?http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-06-29
契約の自由3http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2011-02-06
契約の自由2http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2010-08-10
契約?の自由 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2009-08-30
契約の自由・・・舞台中止騒動事件http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp2013-08-01
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 2

ayu15

みなさま
ナイスありがとうございます。
なんとか和解できるといいなあと思います。
by ayu15 (2013-08-05 12:23) 

ayu15

2016年1月25日

土屋アンナ泥沼裁判、甲斐氏の請求棄却http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/01/25/0008750482.shtml
by ayu15 (2016-01-25 14:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0