So-net無料ブログ作成

保守するもの間違えないでね   秘密隠ぺい法編

 報道ではアメリカの盗聴疑惑が国際問題になっています。
テロとの戦いで前政権でも容疑者を拷問してでもテロ防ぐという声も出てます。

秩序の維持のために「自由をさし出そう!」という意見もあるようです。
それに対して「どこが小さい政府やねん!」とう突っ込みもあるとかないとか。


 なんか対象になったのはドイツだけじゃなく相当数だそうです。
さあ日本はどうなんでしょう??

安全保障・規律・規範など、うざい政権・政党のはず。本格調査してないんですか???!!!
日本とドイツの「密談」も聞かれていたと予想できますけど・・。


国民は監視して、一部の人犠牲にしてでも「不正は許さん!」で臨むくせにねえ・・[あせあせ(飛び散る汗)]


まあ日本ならこういうことしても仮称秘密隠ぺい法で報道したりブログ載せたら逮捕されかねないでしょうねえ。[あせあせ(飛び散る汗)]

そんな不穏な空気の中こういう記事がありました。皇后陛下が述べられました。
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/gokaito-h25sk.html




「五日市憲法草案」

お言葉より
討議を重ねて書き上げた民間の憲法草案で,基本的人権の尊重や教育の自由の保障及び教育を受ける義務,法の下の平等,更に言論の自由,信教の自由など,204条が書かれており,地方自治権等についても記されています。
以上


ベアテさんの名も出されています。

以下お言葉より

この1年も多くの親しい方たちが亡くなりました。阪神淡路大震災の時の日本看護協会会長・見藤隆子さん,暮しの手帖を創刊された大橋鎮子さん,日本における女性の人権の尊重を新憲法に反映させたベアテ・ゴードンさん,映像の世界で大きな貢献をされた高野悦子さん等,私の少し前を歩いておられた方々を失い,改めてその御生涯と,生き抜かれた時代を思っています。
以上



戦前回帰志向の某党が推し進める仮称秘密隠ぺい法(国民監視法)は
戦後に手に入れた自由民主主義を壊していくかも??[あせあせ(飛び散る汗)]


自由社会を守らないと、人生壊されますよ!!





それにしてもヘイトスピーチの時「言論の自由」言う人ののなかに、こういうときこそもっと言わないといけないのになぜか声が小さくなったり言わなくなる人が・・・。
困ったものですねえ。[あせあせ(飛び散る汗)]










☆各種情報

http://tanakaryusaku.jp/2013/10/0008053
治安維持法知る年配者 「怖さに気付いた時はもう遅い」 --- 秘密保護法案 国会はどう機密を共有するか ?
問題は暗黒裁判ゆえに、捕まえる側以外は誰も、情報が保護に値する秘密か否かすら分からない!

過去の事例
秘密保護を名目に非公開で、大審院(現在の最高裁)の判決文も伏せ字だらけだった。
藤原弁護士は「事件の追跡すら難しかった。 なぜなら、記録が伏せ字だらけで読めない。 ---
http://tanakaryusaku.jp/2013/10/0008053
治安維持法知る年配者 「怖さに気付いた時はもう遅い」 --- 秘密保護法案 国会はどう機密を共有するか ?




http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/6ffce11cd2e201a516d96b0c2c0d110a

「行政の権限が突出している」 官僚独裁の足音 --- 秘密保護法案 国会はどう機密を共有するか ?
「この法案では都道府県警察と契約業者の職員も対象となるから相当数の職員が適正評価の対象となる」と続けた。国家公務員だけでなく、県警や国の契約業者、県警の契約業者とその家族と同居人までもが対象となるのだ。適正評価とは特定秘密を扱う者の身辺調査だ。

{自分達を監視させる権限を官僚にあたえるつもり?そんなに信頼してるんですか??!}





「軍機保護法」の復活か~秘密保護法の怖さ
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-4904.html

自由主義があやうい!! --- 秘密保護法案 国会はどう機密を共有するか








とある外国人との会話


「ヘイ、この改憲案は何だい、基本的人権の制限、集会や表現の自由の規制とは、日本は共産党が政権を握ったのか?」

「それは○○党のだよ」

<国民の自由を縛る改憲に反対です>と選挙カーが通り過ぎた。

「オー、日本にも自由と民主主義を守る政党がいるじゃないか」

「あれは○○党だよ」








記事より
  明治憲法が保障した臣民の権利には、残念ながらすべて「法律の範囲内」とか「安寧秩序を妨げずおよび臣民たるの義務に背かざる限りにおいて」などという条件が付けられていた。
記事より

政府は特高警察(特別高等警察の略称)と思想検事を設け、共産党員や社会主義者を徹底的に弾圧した。

「国体の変革することを目的とする結社を組織する(その未遂も罰せられる)」などという構成要件では、政府にとって都合の悪い奴は誰でもとっ捕まえることができた。

現に最初は共産党員や社会主義者がターゲットにされたが、後には労働組合・農民組合の活動家や自由主義者や文化人・宗教者など体制に批判的な多くの人々が逮捕・拘禁・処罰された。
政府の発表によれば、治安維持法違反で送検された者75,681人・起訴された者5,162人であるが、一連の治安法規も含めた逮捕者は数十万人、拷問や虐待により虐殺・獄死した者は数千人と推定されている。
以上





ドイツ政府発行冊子・HPより

マルティン・ニーメラー牧師の言葉です。
-------------------------
ナチスが共産主義者を弾圧した時、私は不安に駆られた
が、自分は共産主義者でなかったので何の行動も起こさなかった。
その次、ナチスは社会主義者を弾圧した。私はさらに不安を感じたが自分は社会主義者ではないので何の抗議もしなかった。
それからナチスは学生・新聞人・ユダヤ人と、順次弾圧の輪を広げていき、そのたびに私の不安は増大した。が、それでも私は行動に出なかった。
ある日ついにナチスは教会を弾圧してきた。そして私は牧師だった。
だから行動に立ち上がった。
が、その時はすべてがあまりにも遅かった。


 ユダヤ人市民権剥奪
1942年 ユダヤ人絶滅決議
同性愛・障害者とか殺害

抵抗運動
初期・ 社会民主主義・共産主義・教会関係・少数軍人の抵抗
中期  保守派・軍人に抵抗勢力

ことごとく捕らえられました。

ナチスの理念の一つ「民族共同体」
社会的同質性・連帯を強調しました




密約を報道したら逮捕だって!!http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2013-10-23

国民を守るのが憲法 http://mainichi.jp/sp/tokaism/

特定秘密保護法案:「知る権利」明記見送り 政府、自民に原案
毎日新聞 2013年09月27日http://mainichi.jp/select/news/20130927ddm001010060000c.html

特定秘密保護法案:パブコメ9万件、77%が法案反対
毎日新聞 2013年09月28日http://mainichi.jp/select/news/20130928ddm012010044000c.html


「秘密保全法」って何? それはヒ・ミ・ツです。http://tukui.blog55.fc2.com/blog-entry-917.html


ねじれてるわ   党名交換編 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2013-10-15

国民の秘密・国の秘密 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2013-10-07

守るものは?  「秘密保全法」編 http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2013-09-19



もっとひどい台風が…。http://www.liberal-shirakawa.net/tsurezuregusa/index.php?itemid=1547#more



評価対象者以外の家族や関係者には、本人の同意なく調査を行うことが可能だそうです。


政府の活動に関する調査や情報公開を求めるNGO・NPOやジャーナリスト、研究者、労働組合など、市民の表現の自由に関する様ざまな活動が罪に問われる可能性も・・。







資料
ニューヨークタイムス社説
自由主義に反する。
http://www.nytimes.com/2013/10/30/opinion/international/japans-illiberal-secrecy-law.html?smid=tw-share&_r=1&






大切な家族にあんな思いはさせたくない   新聞読み比べhttp://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2013-11-11

歴史は繰り返す http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2013-11-17

パンツがスケスケ丸見えどころじゃないわ http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2013-06-28

もう二度とあんな思いは・・・ 沖縄の危惧http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2013-11-15

長時間かけたものです。読んでいただけると嬉しいです。

あなたや家族友人の人生が変わるかも?他人ごとではないかも?

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0