So-net無料ブログ作成

安部政権からのおふれ [法律・制度]

何が秘密か国民は
誰にも分からないだろうが、
国の秘密を保護する。


秘密を洩らせば罰を与えるから、
絶対に秘密に触れるなよ。


国民に秘密にしておかねば、
アメリカ様から秘密を頂けないのだから
仕方がないのだ。


国に秘密があることくらい当然だから、
秘密を守る法律が必要なことくらい常識だろう。


お上に任せておけば、
必要な秘密だけを
秘密として保護してやる。


どうせ国民は国の秘密とは
無縁で生きていけるのだから、
関心を持つ必要がない。


何も怖がらなくていい、
お上が万事うまくやるから、
秘密の特定は任せておけばいいのだよ。


国民はお上の決める秘密に関して、
好奇心なんか持っちゃダメだ。


さわらぬ神に祟りなし
という言葉もあるんだから、
国民は秘密に触れることは
タブーにしておけばいいのだ。

以上
これは以下の記事からです。


このだけみたら想像つかないんですが、他も読むとなんとまあこてこての右翼の人みたいですよ。



秘密自体だれも知る限り反対してないんですよ。

先進国にも秘密保護の法律はあります。
日本も秘密保護法のまえからすでにもうあります。

どこかの共産国・そして国家主義・全体主義国との秘密保護の法律の違いはなんでしょう???

共産国・国家主義などはまず国があり国のお許しで支障ない範囲で自由を与えていただくんでしょうね。
国が許す範囲で国の情報おしえていただくんでしょうね。


先進国(自由主義思想も取り入れた国民主権の国)はまず国民がいて国民の権利がある。国民が国に権限を与えてやるて言う感じ。
まず本来ある国民の権利を何とか確保しつつ最低限の秘密をまもろうとバランスとるのが自由民主主義の基本だと思えます。




それにしても確か政治不信じゃなかったの??あの政治不信の声はどこに???
政治家の口約ていつから高い信頼されるように?? [あせあせ(飛び散る汗)]










整理すると


賛成・・・与党・みんなの党・幸福の科学・(知る権利をもっと明記なら)読売・・・

問題だ・・NYタイムス・ワシントンポスト・など世界数社メディア・国際機関・大多数の国内メディア。



賛成は、秘密が必要。アメリカから情報もらえないという指摘


この中では国に秘密いらないという意見はなし。
国際基準に違反。
人権意識・知る権利・知られない権利など守られなくなる可能性の指摘。
見返りに渡す情報はなに?という指摘
司法制度壊すという指摘
憲法違反いう指摘
委縮するという指摘
すでに秘密保護の法律はある
など多数




小泉さん手法で
(かなり強引ですけど) あえて 単純に

「民営化○か×か!!!」で単純化して成功しましたねえ。
てなわけで見習います。


むちゃくちゃ極端化します。





自由さしだして安全保障とるか?
安全保障さしだして自由とるか?



尖閣取られたり「人工衛星」が飛んでくる不安か?
監視され個人情報調べられ集められる。知らずに地雷踏んで逮捕される不安か?



「国民がやっていること、やろうとしているのが正しいのか正しくないのか」を判断するために、まず、国民がやっていることを知る。
「国家権力がやっていること、やろうとしていることが正しいのか正しくないのか」を判断するために、まず、国家権力がやっていることを知る。



「罪刑法定主義」の原則の秩序壊すのか?
「罪刑法定主義」の原則を保守するのか?



政治か?
自分の人生か?




国を守るのか?
自分や家族友人の人生を守るのか?



政治の話か?
自分らの生活や人生の話か?




国家主義か?
自由主義か?



国家主導か?(国から条件付きで自由を許してもらえる)
国民主権か?(自由は当たり前で、国に条件付きで権限与えてやる)


10
国家統制か?
自由社会か?





もちろん実際はこんな単純でなないですよ。





どうです?10個の争点みてどちら選びますか?

国際基準

アメリカと日本の比較

軍機法 と秘密保護法

とか載せたしこれら考慮してそちらもどうぞ。



自分でいったん○○党が賛成だから
とか
○○党が反対してるから はいったん納めて

廃止するか
廃止して問題点クリアーしてやり直しか
このまま実施か

よ~~~~く考えてみませんか?
















資料

「罪刑法定主義」の原則

「ある行為を犯罪として処罰するためには、犯罪とされる行為の内容と刑罰をあらかじめ、明確にすべき」という原則
nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 1

ayu15

ナイスありがとうございます。
by ayu15 (2014-01-19 16:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0