So-net無料ブログ作成

新聞読み比べ  デトロイト編

デトロイト破たん記事

神戸新聞と読売新聞読み比べです。
 まず見出し
車産業衰退斜陽の町に  
人口税収減没落の一途

 次が、GM復調後も拠点は海外へ



冒頭の記事の大きい部分
要旨
モーターシティをアメリカは救えなかった。産業構造変化に乗り遅れた自動車業界の衰退を背景に人種的少数派が置き去りにされるアメリカ社会の矛盾も鮮明になった。


記事本文要旨
地元メディアの悲哀の表現・・没落都市のモデル演じてしまった。
かつての繁栄・・普通の人がかえる自動車・モータウン文化
没落の始まり・・・日本車の台頭
破産・・救済しようという声が連邦政府や州レベルではでない。
連邦破産法9条解説
日本国内例

こういう記事です。




対する読売


メイン見出しは
デトロイト無策のツケ

次が
財政破たんパトカー通報から58分

冒頭の記事の大きい部分・・・
アメリカの自治体では過去最大
慢性的財政難放置してきたツケ



本文
暴力犯罪最悪レベル・・発生率最悪レベル
建物は廃墟・・街灯の4割点灯せず。7万8000棟が廃墟
競争力低下・・・ビッグ3の破たん・失業者・税収落ち込み・元職員への年金支給への借金






まあ見事に違いますね。
shiraさんなら社説の読み方でうまく掘り下げて、読みとかれるんでしょうけどあいにくうちにはそこまでの力がありません。[あせあせ(飛び散る汗)]





デトロイト市が財政破綻、米地方自治体として過去最大
2013年 07月 19日 10:50

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE96H08N20130719

オー氏は6月、債権者に対して債務1ドルあたり0.01ドルを提供する再編案を提示したが、市の退職職員向けの2つの年金基金で主に構成される債権者はこれに難色を示していた。これらの年金基金は、非常時管理責任者による破綻申請を州知事が認める権限をめぐって、州裁判所に提訴。今後は破産裁判所でも当局と対峙するとみられている。

専門家によると、裁判はコストがかかり1―3年にわたる可能性があるという。

18日の地方債市場でデトロイト市債は、記録的な高利回りで取引された。2035年6月償還課税債は価格38.5ドルで利回り16%。5月中旬には76ドル、8.39%だった。




http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE96O01C20130725?rpc=188
独コメルツ銀、米デトロイト市向け債権を償却

nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 1

ayu15

ナイスありがとうございます。
by ayu15 (2014-01-25 10:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。