So-net無料ブログ作成

ウクライナの悲劇  マレーシア航空機編 [世界]

前回のが

「ウクライナの悲劇  移民編」です。
http://life-ayu.blog.so-net.ne.jp/2014-07-15




ユダヤの人迫害した歴史・そして現在同性愛を迫害中のロシアです。
クリミアに住んでいた人達を強制連行して過酷な生活させたそうです。
かわりにロシアの人が移住しています。

で今回は続編です。

感想や意見は少なくして考察します。
深刻なウクライナ情勢です。


まず大雑把な経緯。

強権??と批判される政権に抗議のデモ。
デモで政権が崩壊。

政権は親ロシアで、デモは親EU派。
これが悲劇の発端ともいえるでしょう。


背景
東部・南部にはロシア系住民が多い。
歴史的にロシアとつながりが深い。
元のネイティブの住民はロシアに迫害されてきた。
ネイティブの住民は故郷追われ強制移住さされた。
その後にロシア人を住まわせた。
エネルギーなどロシアに依存。
社会保障など基盤が弱い。
東西格差。



デモで政権崩壊後暫定政権。

南部クルミアは中央政府を承認せず。独立宣言。

独立後に、ロシア編入決定。

東部で、親ロシア派の武装集団が次々襲撃。
指揮の上がらないウクライナ政府治安機関は防げない。

親ロシア派は東部各地を武装占拠。

停戦努力・調停努力も十分な成果なし。

占拠する武装集団は重装備。

ウクライナ政府の反撃開始。

政府軍機が武装集団に撃墜される。

政府軍と武装占拠集団との戦闘。

戦闘で多数市民が巻き込まれる。

以上いきさつ



こういう状態でおきました。
オランダ発マレーシア行きのマレーシア航空機撃墜事件です。

親ロシア派武装集団とウクライナ政府が双方非難の応酬。


親ロシア派主張。
ウクライナ領空だから、責任は政府にある。
自分らは1万メートル上空の航空機を撃墜できる武器は持っていない。

政府主張
親ロシア派武装集団占拠地域から発射されている。
通信傍受した。





 では考察というか推測していきます。

ウクライナ東部は武装集団が非合法占拠。 政府ではありません。
現在軍用機はないようです。
上空はウクライナ軍の軍用機は飛べます。
ただし撃墜されています。


現在、一〇〇〇〇メートルは許可され低い高度は禁止らしいです。

寄せ集め武装集団が国軍相手に戦うには資金や武器の援助があると考えるのは自然かも。 (国軍相手に勝つにはロシアの軍事支援・資金支援がなけれは困難という有力説)
可能性が高いのはロシア。











 今のところ理屈では
ばらばらの武装集団が勝手に勘違い思いこみで撃ち落としたのかも。
そしてあわててごまかそうと・・・。

 つかわれたのはロシア提供のものでロシアもあわてている。
まあそんな感じ??

今のところ、誤射説が有力のようですが
ただの憶測ですから本当はわかんないです。






諸説??(説にもなってない憶測)みると、容疑は親ロシア派・ウクライナ政府・ロシア・アメリカの4つです。

親ロシア派武装集団説
親ロシア派が一番有力で、誤爆の可能性が一番高そうです。
武装集団が撃墜の場合。
ウクライナ軍機を撃墜しているので能力はあるかも? (これもふたしかですが・・)
占拠地域なので「秘密保護」もできるかも。


でももしばれると致命傷でしょう。





ウクライナ政府説
ウクライナ政府が次に疑がわしいですが、可能性としては陰謀かも??
ウクライナ軍が撃墜の場合。

武装集団は航空機持たないそうなので地上から撃ち落とす兵器 は周辺には不要。 でも過去のものが残っている可能性あり。

軍用機で自作自演??つまり武将集団のせいにするため。
ありえるけど、リスク高いようです。
東部は武装集団が占拠してます。残骸は相手にわたる危険性が高いでしょう。
もしばれると致命傷でしょう。


親ロシア派批判の材料以外にメリットはありません。
それどころかデメリット・リスクは大きすぎるでしょう。





ロシア説

まあ前科があるので可能性はあるでしょう。
最近右傾化のロシアは大統領の強硬手段に人気が高まっています。
右傾化が強いようです。

「愛国心」煽るようです。

能力的には充分あり得るでしょう。

ただリスクはロシアにも高いです。
当然世界中から疑われます。アメリカの追求かわせるでしょうか?


アメリカは大統領の政治基盤は今弱いので「勝てる」とふむとやる可能性はあるでしょう。
ただしたたかなロシア大統領はリスク犯すメリットはないと判断すると考えられます。



アメリカ説
ブッシュ政権ならあり得ても穏健な?オバマ政権では可能性は低いと思えます。
またねじれで国会対応に苦慮しています。
かかえている内政問題で野党共和党の抵抗にあい苦戦しています。
多分そういう陰謀?の余裕はなさそうです。

可能性として法案通すため過激なブッシュ一派??がよろこぶ「安全保障」でロシアに強硬手段というのは可能性はなくはないようです。
ロシア説よりさらに可能性は低そうです。


また新たな情報あれば別ですが・・・。




被害者の方々で一番多いのがオランダの人たちだそうです。
オランダはロシアへの経済制裁に慎重な国です。
これがさらにややこしいです。
ロシアにはありがたい国のはずだし・・・。


 事故説も考えましたが、事故なら新ロシア派が妨害行為や消極的になる理由はあまりなさそうです。



ロシアのコメント
ウクライナ領空なので安全確保はウクライナ政府の責任だ!責任はウクライナ政府にある」
こういう感じのです。


ということは東部もウクライナ領と認め、中央政府を認めることになります。
新ロシア派は非合法の武装集団で非合法に武装占拠となってしまいます。


なぞだらけですが
なんか人道上より国益で動いている気が・・・。


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 1

ayu15

くらいふさん

shiraさん

Moselさん

xml_xslさん

ナイスありがとうございます。


謎だらけの事件です。
by ayu15 (2014-09-05 17:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0