So-net無料ブログ作成

責任持てない大きさ・・・冤罪編 [社会問題]

「真実は神のみぞ知る」といいますよね。




事件が起こると世の中「被害者心情」で殺せ殺せの大合唱が起きます。慎重にという意見言うとウヨウヨと美しくない言葉で非難が押し寄せます。
こわ~~。

某メディアなど事件のたびに再発防止だと取り締まり言い出します。
先日の佐世保の記事どうぞ。


 ただし、生活保護とか経済になると急に被害者心情言わなくなるどころか、被害者や遺族に「金目当てか!」と美しくない言葉で非難する人がウヨウヨと・・・。



 もし、うちが遺族なら怒りがおさまらず死刑求めるかも。

でも逆なら?
以前再審請求手続き進めてるのに死刑執行されたことがあるらしいです。
怖いのが其れが当然というコメントがウヨウヨとしていることです。


つまりこの事件の方はいつ殺されるかわからない絶望と恐怖の中で人生の多くを過ごしたということです。


本当に死刑に値する罪を犯したかどうかうちにはわかりません。
でも万が一違ってたら??

いったい誰が?どこが責任取れるの??
誰もどこもちゃんと責任取れないでしょう。


正義の名で合法的にいじめて殺害し、汚名きせるというあまりにもひどいことにどう責任取れるのでしょう?










 原発も賛否がありどちらにも一理あると思います。

でも死刑も原発もどこも、誰も責任取れないように思います。

いまだ一部紛争処理に応じない東電みてもそう思えます。


だからいけないとはいわないけど、反対の声をバッシングなんてしないで真摯に受け止めて 相手に配慮し、もっと慎重に進めてもらえたらと思います。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。